Dapper Labsは、NFTの不振の中で9か月で3回目の削減を実施します

Dapper Labs、NFT不振で3回目の削減を実施

非交換可能トークン(NFT)コレクションと技術企業Dapper Labsは、1年未満で3回目のスタッフ削減を発表しました。

7月13日、Dapper LabsのCEOであるRoham Gharegozlou氏は、同社が「51人の優れた同僚と友人」に別れを告げたことを発表しました。

彼は従業員に対するメモで、最新の削減ラウンドには正社員と契約社員も含まれると述べました。

「素晴らしい人々が影響を受けるため、この決定は非常に困難でした」と彼は述べ、これによって「スリムかつ効率的な」会社を確保するために必要であり、正しいことだと付け加えました。

ただし、Gharegozlou氏は、Dapper LabsとFlowが「十分な資本を持っている」と再確認し、次のように付け加えました:

「この再構築により、ビジネスをよりスリムにし、私たちのファンのために正しいことをし、最も健全な方法でコミュニティを成長させることができます」

私たちは、本日@dapperlabsで51人の優れた同僚と友人に別れを告げました。これは私がチームに送ったメモです。私たちは引き続き私たちのコアコミュニティに全力を尽くし、一緒に世界を前進させる素晴らしい製品を開発することに全力を注いでいます。もし… pic.twitter.com/xwhjZAYLN8

— roham (@roham) 2023年7月13日

この人員削減は、Growjo.comの従業員数から見積もったところ、会社のスタッフの約12%に相当します。

これは、2022年11月に従業員数が22%減少し、2023年2月にはスタッフが20%削減された後の、同社による3回目の人員削減です。

Cointelegraphはコメントを求めるためにDapper Labsに連絡しましたが、掲載時点では返答を得ていませんでした。

関連記事: Dapper LabのNBA Top Shot Momentsは有価証券とみなされる可能性があると米国の裁判官は述べた

Dapper Labsは、CryptoKittiesやNBA Top Shotなどの有名なコレクションを開発することで知られています。

この動きは、NFT市場と取引の大幅な低迷の中で行われています。4月にCointelegraphは、売り手が優勢であると報じ、NFT市場が「バランスを欠いている」と述べました。

さらに、多くの大手のブルーチップコレクションは、最近の数ヶ月間で床価格が大幅に下落しています。

スポーツとNFT解説者の「Clegainz」は、「現在のWeb3とマクロ経済環境を考えると、それは「大きな驚きではない」と述べました。また、Dapper Labsだけでなく、現在多くのWeb3企業が同様の状況にあると付け加えました。

Dapper Labsのスタッフ削減に関する@clegainzのコメントの一部。出典:Twitter

雑誌: SNLやTonight ShowからSotheby’sまで:NFTクリエーターBryan Brinkman