仮想通貨ビジネス:SVBキャピタルの入札戦、新しい仮想通貨ファンド、シティのプライベートブロックチェーン

Cryptocurrency Business SVB Capital's bidding war, new cryptocurrency fund, City's private blockchain

ベンチャーキャピタル業界は、2024年のポートフォリオの再バランスに向けて準備を進めているようです。投資家は次のブルマーケットでデジタルアセットへの露出を増やすためにポジションを取っています。例えば、Blockchain Capitalは今週、2つの新しいファンドを閉じました。これにより、$580百万の資金がクリプトゲームや分散型金融プロジェクトに投資される予定です。

同様に、SkyBridge Capital、Atlas Merchant Capital、Vector Capitalも、崩壊したシリコンバレーバンクのベンチャー部門であるSVB Capitalの買収の最終入札者の中に含まれています。報道によると、SVB Capitalは、SequoiaやAndreessen Horowitzを含む他の主要なベンチャーキャピタル企業の支援者とされています。

一方で、主要な金融大手からのビットコインをベースとした投資商品が人気を集めています。日本最大の投資銀行である野村証券は、子会社のLaser Digitalを通じて、ビットコイン(BTC)への露出の需要に応えるための機関投資家向けの新しいビットコインファンドを立ち上げました。

新参者の数も増えています。Web3のスタートアップであるBastionは、Web3インフラストラクチャをエンタープライズテクノロジーに結びつけるためのシードラウンドで$25百万を調達しました。このラウンドは、Andreessen Horowitz、Laser Digital Ventures(野村の暗号ベンチャー部門)、Robot Ventures、Aptos Ventures、Alchemy Venturesが主導しました。

今週のCrypto Bizでは、SVB Capitalの入札、Blockchain Capitalからの新しいファンド、Hut 8-US Bitcoinの合併、およびシティグループのプライベートブロックチェーンについて取り上げます。

報告書によると、Scaramucci氏がシリコンバレーバンクのベンチャーキャピタル部門の入札をリードしている

シリコンバレーバンクの元親会社であるSVB Financial Groupは、そのベンチャーキャピタル部門であるSVB Capitalを売却するための取引に近づいています。ウォールストリートジャーナルの報告によれば、アンソニー・スカラムーチ氏のSkyBridge CapitalとAtlas Merchant Capitalは、入札プロセスの最終段階でサンフランシスコの会社であるVector Capitalと競合しています。情報筋によれば、SVBのベンチャーキャピタル部門は2億5000万ドルから5億ドルで売却される可能性があるとされていますが、最終的な売却は保証されておらず、債権者委員会の審査が依然として必要です。SVB Capitalは、SequoiaやAndreessen Horowitzなどの他の主要なベンチャーキャピタル企業を支援しているとされています。同社はSVBの第11章の破産手続きの一部ではなく、売却に関する決定は今後数週間で予想されています。

SVB Capital holdings overview as of December 2022. Source: SVB Capital

Hut 8がカナダ最高裁判所から米国ビットコインの合併に緑の光を受ける

カナダのビットコインマイニング企業であるHut 8は、ブリティッシュ・コロンビア州最高裁判所からの最終承認を受けて、計画された米国ビットコインとの合併を完了する予定です。Hut 8とUS Bitcoinは、株主および規制当局の承認を条件に、2023年2月にこの動きを発表しました。この合併により、両社はHut 8 Corporation、または「New Hut」という名称で、米国を拠点とする上場企業となります。Hut 8の初期の発表によれば、この合併により、6つの異なるビットコインマイニングおよびデータセンター施設で825メガワットの容量が提供されます。New Hutは、株式をNasdaqとトロント証券取引所に上場し、ティッカーシンボルHUTで取引される予定です。

Blockchain Capitalがクリプトゲーム、DeFiへの投資のために合計$580百万のファンドを閉じる

ベンチャーキャピタルグループのBlockchain Capitalは、インフラストラクチャ、ゲーム、分散型金融(DeFi)、そして消費者およびソーシャルテクノロジーへの投資のために、合計$580百万の2つの新しいファンドの閉鎖を発表しました。これらのファンドは、Blockchain Capitalの6番目の早期段階ファンドと初の「オポチュニティファンド」として運用されます。$380百万が早期段階ファンドに、$200百万がオポチュニティファンドに充てられる予定です。同社は、投資ファンドで優先されるプロジェクトを具体的には明示していませんが、広報担当者は、人工知能関連のプロジェクトへの投資やヘッジファンドとしての機能を持つ計画はないと述べています。

2つの新しいファンドの閉鎖をお知らせできることを嬉しく思います。これらのファンドは、合計$580百万で、分散型、ブロックチェーンベースのシステムへのグローバルな移行をリードするための私たちの取り組みを強化するものです。 ↓https://t.co/Vr2uYnGlF7

— Blockchain Capital (@blockchaincap) September 18, 2023

Citi Token Servicesは機関投資家に支払いと流動性を提供します

機関クライアントは、CitigroupのプライベートブロックチェーンであるCiti Token Servicesを通じて、クロスボーダーの支払い、流動性、および自動取引ファイナンスソリューションにアクセスできるようになりました。この金融大手によれば、Citi Treasury and Trade Solutionsは90以上の国でライセンスを取得しており、2つのパイロットプログラムを完了しています。同社は、デンマークの船舶会社Maerskと匿名の運河当局と協力し、スマートコントラクトを介してサービスプロバイダーに即時支払いを行うプログラムに取り組み、取引処理時間を数日から数分に短縮しました。声明によれば、このサービスは銀行保証と信用状を置き換えます。2つ目のパイロットプログラムでは、顧客がCitiの支店間で流動性を移動できるようになり、サービスウィンドウの切り替え時間やサービスのギャップに関連する「摩擦」が減少したとされています。Citiは、ニューヨーク連邦準備銀行が主導した概念実証に参加した大手金融機関の一部であり、その実証は7月に結論づけられました。

Crypto Bizは、ブロックチェーンと仮想通貨の背後にあるビジネスについての週刊パルスであり、毎週木曜日に直接あなたの受信トレイに届けられます。