Crypto.comは、米国の機関投資事業を縮小しています

シンガポール拠点の暗号通貨取引所Crypto.comは、米国の機関投資家向けサービスを2021年6月21日をもって提供しなくなることを、同社は金曜日に発表しました。

同取引所は、「現在の市場環境」を考慮して、機関投資家からの「限定的な需要」を引用しています。

同社によると、小売投資家には影響がなく、米国内のプラットフォーム、Crypto.comのCFTC規制対象のUpDown Optionsを引き続き利用できるとのことです。

この決定は、暗号通貨取引所のBinanceとCoinbaseが、米国証券取引委員会(SEC)から証券法違反の疑いで訴えられた同じ週に発表されました。

スティーブン・アルファーによる編集。