暗号通貨利回り企業Haru Investは、出金停止後に100人以上の従業員を解雇します

Haru Investは、苦境に立つ韓国の暗号通貨収益プラットフォームで、100人以上の従業員の契約を解除したと報じられています。

同社は木曜日に、「Haru Investおよび関連会社の運営を最小化し、今後も発生する可能性のある損害を防止するために、長い間検討した結果、残念ながら通知することになりました」と発表しました。

地元メディアのSedailyによると、従業員を解雇する決定は、暗号管理サービスHaruおよび親会社Block Craftersの運営者であるHaru Investから出たものです。契約は6月23日に期限切れとなります。

同日、契約解除に関して従業員に通知するためにビデオ会議を開催したと報じられています。

同社およびSedailyは、この決定によって影響を受ける従業員の正確な数を明らかにしていませんが、Kocoo Koreaは100人以上が影響を受けたと報告しています。

同社は、特に引き出し中断の問題に直面した後、オフィスを閉鎖し、役員は姿を消したということです。

Haru Investは投稿で、「当社の経営陣は、場所を問わずこの状況に対処し、法的対応を行うことを約束しています。必要に応じて、Haruチームのメンバーに行政および法的サポートを提供することにより、協力するつもりです」と述べています。

契約解除に関して、CEOのLee Hyung-soo氏はビデオ会議中、「最近の状況により通常の運営が困難である」と述べました。

6月13日、Haruは引き出しと入金を一時停止し、サービスパートナーの問題を理由に挙げています。

内部検査プロセスを通じて、委託オペレーターが提供した特定の情報が「虚偽の可能性がある」と疑われることが判明したと同社は述べています。

6月14日、同社は外部管理会社B&S Holdingsに問題があることを明らかにしました。6月16日、Haruは法的措置を発表しました。

CEOは6月20日の手紙で、B&S Holdingsが「問題の根源」と考えられ、Haruが詐欺、横領などの告発で法的措置を取っていると述べました。

同社は6月22日の投稿で、追加情報を共有できないとしつつ、「B&S Holdingsに対して法的措置を取って、損害の回復と事実の確認を優先し、進めている」と述べています。

一方、同社は法的問題に直面しています。

CEOのLee氏によると、

「当社に対して多数のユーザーが法的措置を取っているということを理解しています。当局と完全に協力し、事実が迅速かつ正確に特定され、調査結果に基づいて当社の立場が表現されるようにします」と述べています。

Haruの共同創設者で元CTOのEunkwang Joo氏は以前、「内部的な状況」があったとしつつも、これはラグプルのケースではないと述べています。

____

もっと知る:

– S Korean Crypto Lender Delio Suspends Withdrawals – What Do We Know? – S Korean Police Bust Two ‘Crypto Scam Rings’ Worth a Combined $350m – Crypto Fraud on the Rise? – Kazakhstan Police Shut Down ‘Fake Crypto Exchange’ and Arrest ‘Mastermind’ – Largest Bitcoin Fraud Scheme Results in $3.4 Billion Penalty in a Case Brought by CFTC – What Is Yield Farming? – Yield Farming, Liquidity Mining, Staking and Their Risks