暗号通貨の巨鯨たちは、取引所に上場する前に、グリーン暗号通貨エコテラを蓄積しています- 既に580万ドルが調達されています

エコテラのブロックチェーンイニシアチブは、持続可能性の促進に重点を置いており、持続可能性に強い関心を持つ暗号通貨投資家の間で大きな注目を集めています。

現在、リサイクルを通じて収益を得るイニシアチブ(R2E)は、今後数週間に取引所に上場する準備をしながら、585万ドル以上を調達しています。

$ECOTERRA プレセールは7日で終了:すでに585万ドル以上を調達

$ECOTERRAは、プレセール開始以来、注目とサポートを集め、585万ドルという印象的な資金調達のマイルストーンを達成しています。

現在は最終プレセール段階であり、取引所に上場する前に、暗号通貨の大口投資家が購入に押し寄せています。

サポーターへの敬意として、$ECOTERRAの購入ごとに10%のボーナスリワードもあります。

プレセールの終了後、開発チームはマーケティング、R2E登録、広告、カーボンオフセットマーケットの設立など、ホワイトペーパーで明示された重要な領域に重点を置きます。

これに続いて、取引所の上場を確保し、プラットフォーム全体の開発を進めます。

多くの有用性や収益のポテンシャルが限られている資産が暗号通貨取引所に上場されてきましたが、$ECOTERRAはゲームチェンジャーとなることが期待されています。

投資家は、現在の低価格の$0.1でこのグリーントークンを購入することで、投資に対する大きなリターンを追求することができます。

$ECOTERRAを今すぐ購入

成長著しいエコテラエコシステム

エコテラは、個人や企業のリサイクル活動への積極的な参加を促すことで、気候変動の問題に取り組む分散型プロジェクトです。

この新興プラットフォームは、若い世代に対する環境教育を推進し、リサイクルして受け取る(R2E)モデルに基づいて、メンバーに$ECOTERRAトークンを報酬として与えます。

この報酬となるトークンは潜在的な価値を持ち、エコテラの収益源にステークされることでパッシブな配当を生み出すことができます。

個人に対するリサイクルの金融的な利点に加えて、エコテラは、リサイクル会社や製造業に対して価値志向の利益を提供します。

リバース・ヴェンディング・マシン(RVM)を利用することで、企業はプラスチックやガラス瓶、缶などの使用済み素材を近くのリサイクルセンターに効果的に集めて運ぶことができます。

これらの廃材は新しい生産材料として売られることができる原材料に変換されます。

エコテラエコシステムの主な目的の1つは、リサイクルと生産企業の協力関係を促進し、スムーズな生産サイクルを実現することです。

このため、プラットフォームはビジネス・ツー・ビジネス(B2B)マーケットプレイスを設立しました。リサイクル会社はここで自社の原材料を販売し、製造企業はそれらを購入して新しい持続可能な製品を作ることができます。

エコテラは、共有マーケットプレイス内で円滑な取引を行うための法定通貨、ビットコイン、USDTなどのステーブルコイン、または$ECOTERRAトークンといった信頼性のある支払いオプションをこれらの企業に提供しています。

$ECOTERRAトークンを選択することで、取引手数料の削減や追加のパッシブ収入のステーキングなどの利点を享受することができます。

革新的なカーボンオフセットマーケットプレイス

頑丈なエコフレンドリーな活動を追跡するためのアプリやB2Bマーケットプレイスに加えて、エコテラはユーザーや企業向けのカーボンオフセット市場を組み込みます。

このマーケットプレイスでは、$ECOTERRAトークンが二酸化炭素排出のオフセットに投資するためのツールとして機能します。

これにより、メンバーはグローバルに認識された緑のイニシアチブを積極的に支援し、貢献することができます。

これらのイニシアチブには、樹木の植林、太陽光や風力エネルギーなどの再生可能エネルギー源の開発、そしてすべての人に適した居住環境を作るためのリサイクルの重要性についての教育キャンペーンなどが含まれます。

さらに、メンバーはカーボンオフセットの量を価値ベースの緑の成果物に変換することができ、これらは非代替トークン(NFT)に変換することができます。

エコテラの提供と成長のポテンシャルは、$ECOTERRAトークンが2023年に最も市場価値が上昇する通貨の1つになる可能性があると考える暗号通貨の観察者から賞賛されています。

$ECOTERRAを今すぐ購入

免責事項:暗号通貨は高リスクの資産クラスです。この記事は情報提供を目的としており、投資アドバイスではありません。資本をすべて失う可能性があります。