Censoが提供する暗号通貨ストレージソリューションが、モバイル端末に自己管理をもたらします どのように機能するのでしょうか?

FinTech企業であるCensoは、機関や組織向けの携帯電話ベースのセルフカストディ・クリプトウォレットを発売しました。

同社は、新しいウォレットが「真に分散型のキー管理ソリューション」を提供し、既存のテクノロジーよりも使いやすく、コストが抑えられることを詳細に述べたプレスリリースを月曜日に発表しました。

Censoは、機関向けの暗号通貨カストディに頻繁に使用されるキーシャーディング技術であるマルチパーティ計算(MPC)を採用していないことに注意しました。

実際、デジタル資産の伝統的な機関グレードのカストディサービスは、MPCのようなテクノロジーを必要とするため、専門的なハードウェアやソフトウェアが必要であり、コストがかかり、簡単ではなかったことが多かったのです。

「Censoは、現在のモバイルデバイスに存在するセキュアハードウェアエンクレーブと、バイオメトリックゲートを活用して、暗号鍵を組織のユーザーの微妙な現実世界の役割に緊密にバインドすることができます」と、ペンシルバニア大学の研究助教授であるBrett Falkはコメントで述べています。

「それは、真に分散型のキー管理とセルフカストディを望む組織にとって、MPCの代替手段として非常に説得力があります。」

Censoのセルフカストディ・ウォレットはオープンソースです

Censoは、新しい技術がオープンソースであるため、ユーザーや開発者がコードを自分で検証できると述べています。

さらに、同社のモデルは、モバイルデバイスの既存のセキュアハードウェアとバイオメトリック機能を活用して、費用対効果の高いソリューションを提供することに焦点を当てています。

Censoの提供は、デジタル資産のカストディソリューションの世界が急速に変化しており、オープンでアクセス可能で安価なアプローチが人気を集めていることに対応しています。

従来、デジタル資産を安全かつアクセス可能に保つことは、多くの企業にとって困難であり、特にMPCのような既存のテクノロジーを使用する場合、多くのリソースが必要でした。

しかし、Censoのより低コストな技術により、セルフカストディをより小さな企業にも利用可能にし、暗号通貨のより広範な普及を促進することができます。

「『分散劇場』がたくさんあります。これにより、組織は受け入れがたいリスクにさらされ、残念な結果を何度も目の当たりにしています」と、CensoのCEOであるAndrew Lawrence氏は述べています。

「カストディソリューションとキーハンドリングソフトウェアは、必ずオープンソースかつ分散型でなければなりません。私たちは、このゲームチェンジングな技術をお客様に提供し、彼らがデジタル未来を完全にコントロールできるように支援することを楽しみにしています。」

暗号通貨業界の持続的な成長に伴い、カストディサービスの需要はさらに増加すると予想されます。

伝統的な金融機関もこの分野に参入し、暗号通貨の潜在的な価値と信頼できるカストディソリューションの必要性を認識しています。

報告によると、Nasdaqは、第2四半期末までに待望の暗号通貨カストディサービスを開始することを目指し、機関投資家の関心と需要の増加に応えるためです。

このグローバルな取引所グループは、新しいビジネスを監督する限定目的信託会社憲章のニューヨーク金融サービス局への申請をすでに行っています。