暗号通貨の強靭性は続き、BTCは30,000ドルを上回る状態を維持し、AltSignalsは100万ドルを調達しました

  • AltSignalsトークンは目標に近づくにつれて100万ドル以上を調達しました。

  • リスクが高まる中でも、ビットコインは30,000ドルを上回り、かなり安定しています。

ビットコイン価格は、最近の勢いが衰える中でも、30,230ドルの重要なレベルで取引されており、年初の最高値である31,413ドルよりわずかに低い水準です。それでも、6月の最低水準から21%以上、2022年の最低水準から95%以上上昇しています。同時に、AltSignalsトークンセールの第1ステージは残りわずかとなっています。

ビットコインは株式を上回っています

規制上のリスクが続く中、ビットコインや多くのアルトコインは、今年アメリカの株式やその他の資産を上回っています。このコインは、2023年には80%以上上昇し、総時価総額は5870億ドルを超えました。

他の金融資産は、暗号通貨よりも遅れたペースで上昇しています。例えば、金価格は今年史上最高値まで上昇しましたが、今年は10%以下しか上昇していません。ナスダック100やS&P 500などのアメリカの指数も、それぞれ約15%、35%上昇しています。

ビットコインは、過去数か月間、暗号通貨業界が地獄を経験してきたことを考えると、抵抗力を示す好結果と言えます。昨年5月には、Terraとそのエコシステムが崩壊し、Voyager Digital、Three Arrows、Celsiusなどの他の企業も崩壊しました。

今年11月には、30億ドル以上の評価額がある主要な取引所であるFTXが崩壊し、暗号通貨投資家は崩壊により80億ドル以上を失いました。

そして、今年、証券取引委員会(SEC)は、業界最大手のCoinbaseとBinanceを訴えることを決定しました。SECは、2つの企業がアメリカの顧客に規制されていない製品を提供しているとの非難を含む、いくつかの申し立てを行いました。

そのため、ビットコインのパフォーマンスは、暗号通貨が非常に強靭であることを示しています。実際、連邦準備制度のトップであるジェローム・パウエル氏は、ビットコインに多くの持続力があると考えています。

AltSignalsトークンセールが継続中

この強靭さにより、いくつかの企業が今年数百万ドルを調達したのは理解できます。今年初めに、Metacadeは投資家から1600万ドル以上を調達しました。同社の開発者は、DecentralandやSandboxなどと競合するゲームプラットフォームを構築しています。

AltSignalsは高度に成功したトークンセールで100万ドル以上を調達しました。こちらをご覧ください。開発者は、利用可能なASIトークンの95.23%を売却しました。セールの第1ステージで1.028万ドルを調達しました。各トークンの価格は0.015ドルであり、開発者はセールの次の段階で25%増加させる予定です。

まず、AltSignalsは人工知能を利用して金融サービス業界を破壊することを目指す企業です。開発者は、既に収益性のあるプラットフォームにAIを組み込むことで、サービスを改善することを目指しています。

第1段階後、開発者はトークンセールの第2段階を開始します。ホワイトペーパーによると、開発者は新しいAIプラットフォームのローンチに向けて作業を開始します。また、トークンを主要な中央集権型および分散型取引所にリストアップする予定です。