暗号通貨価格暴落:SOL、ADA、MATIC、SHIBが一晩で20%下落-何が起こっているのか?

市場でトップのブロックチェーンからの暗号通貨は、金融サービス大手のRobinhoodが、6月27日に同社のプラットフォームからCardano(ADA)、Polygon(MATIC)およびSolana(SOL)の暗号通貨を廃止すると発表したため、一晩で20%以上の価値を失いました。

同社は声明で、「Robinhoodで提供している暗号通貨を定期的に見直しています。最新の見直しに基づき、2023年6月27日午後6時59分ETにCardano(ADA)、Polygon(MATIC)およびSolana(SOL)のサポートを終了することを決定しました。他のコインには影響はなく、あなたの暗号通貨はRobinhood上で安全です」と述べています。

このニュースは、これらの暗号通貨が最近、米国証券取引委員会(SEC)が6月5日および6日に提出したBinanceおよびCoinbaseの暗号通貨取引所に対する訴訟で言及されたためです。

BinanceのネイティブトークンであるBNBは、24時間以内に約9.5%下落し、2023年6月10日時点で236ドルに下落しています。

世界中の投資家は、SECの行動が暗号通貨市場に長期的な影響を与える可能性があると懸念しています。

両方の訴訟はかなり異なっていましたが、SECは両取引所を証券法違反で告発しています。BinanceとそのCEOであるChangpeng Zhao、および2つの他の関係者は、規制当局に対してブロックチェーンの運営について反抗した13件の罪に直面しています。

一方、Coinbaseを標的とするSECの告発は、取引所が登録されていないブローカー、クリアリング機関、および証券取引所として運営していると主張しています。

さらに、ブロックチェーンデータによると、主要な取引所Robinhoodに関連するクジラたちは、最近の数時間で9.4百万MATICトークンをいくつかの取引所に預けたことが、暗号通貨分析プラットフォームLookonchainが発表したツイートで示されました。

さらに、同プラットフォームは、暗号資産取引会社CumberlandがSECの標的となっている2つの取引所に大量のMATICトークンを預けていることを追加しました。これまでに、CumberlandはBinanceに900万MATICコイン、Coinbaseに500万MATICコインを預けています。

CoinMarketCapによると、ADAは18.5%下落し、SOLは22.7%下落し、MATICは25.5%下落し、SHIBは0.00000658ドルに下落し、17%以上の価値を失っています。

さらに、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などのフラッグシップ暗号通貨もこの熊市の影響を受けています。過去24時間でそれぞれ3.48%、5.55%下落しており、デジタルアセット市場の広範な不安定性を強調しています。