暗号通貨の大規模普及が間近に迫っていますが、その速度はどの程度でしょうか?

暗号通貨は、ネットワーク技術としての最大のポテンシャルと、金融資産としての価値を引き出すために、大衆的な普及を達成する必要があります。

他の技術と同様に、暗号通貨の採用はクラシックなベルカーブに従います。イノベーターの少数から始まり、早期の採用者が受け入れることで成長し、早期および後期の大多数に広がることで大衆的な普及に移行します。最終的には、最後のフェーズで遅れた人々にも到達します。

14年前にローンチされて以来、Bitcoin(BTC)の採用は劇的に増加しました。この暗号通貨は、一部の国家が法定通貨として採用するなど、かつては一握りのサイファーパンクやオタクの小さなグループによって議論されていたものから、世界的に知られる存在になりました。

ただし、ほとんどの推定によると、暗号通貨の世界的な採用率はまだ一桁台であり、つまり「早期の大多数」の段階に留まっていることを意味します。

さらなる成長と真の大衆的普及を達成するためには、暗号通貨は「渓谷」と呼ばれる、早期の採用者と早期の大多数を分断する障害を乗り越える必要があります。そのためには、特定のカタリストが必要とされるかもしれません。

それらのカタリストは何であり、暗号通貨は大衆的普及にどれくらい近づいているのか?それを知るためには、YouTubeの最新のKocooレポートをお見逃しなくし、忘れずに登録してください!