暗号通貨の保険会社Evertasの保険限度額が4.2億ドルに増加:ロイター

暗号通貨の保険会社Evertasは、金曜日にロイターが報じたところによると、以前の上限であるわずか500万ドルから、最大4.2億ドルまでの保険に対応できるようになりました。

ロイドズ・オブ・ロンドンのシンジケートメンバーであるロンドン拠点のArch Insurance Internationalは、暗号通貨の保管業者および取引所の単一のポリシーに対するカバレッジ上限を、リスク管理に大きな恩恵をもたらす4.2億ドルまで引き上げることをEvertasに承認しました。

詳細はこちら: イギリスの大手Aonと暗号通貨カストディ企業Copper、500億ドルの保険契約を締結

ニューヨーク拠点のEvertasは、業界の評判を損ない、より広範な採用を妨げることが多いハッキングや盗難から暗号ウォレットを保険で保護しています。ブロックチェーンインテリジェンス企業TRM Labsのレポートによると、ハッカーたちは今年これまでに約4億ドルの暗号プロジェクトを盗んでいます。

同社は、国際的な保険会社が複雑なリスクに対する専門的な知識を求める場合に求められる「カバーホルダー」として、Archの代理で暗号通貨の保険を提供しています。

Evertasは、プライベートキーを持つカストディアンのみに保険を提供しており、昨年12月にPolychain Capitalをリードとする14百万ドルの資金調達を行い、Morgan Creek Matrixport、HashKeyなどからの出資を受けました。

EvertasもArchも、Kocooからのコメントリクエストに直ちに回答していません。

詳細はこちら: 暗号ウォレットプロバイダLedger、騒動後キーリカバリサービスを延期

Parikshit Mishraによる編集。