マイケル・セイラー氏によると、規制当局のために暗号通貨業界は必然的にビットコインに焦点を合わせることになるという

主なポイント

  • Michael Saylor氏は、暗号通貨業界がビットコインに集中すると信じています。

  • 市場はゆっくりと回復し、ビットコインの取引価格は26,000ドルを超えています。

暗号通貨業界はビットコインに集中する

MicroStrategyの共同創設者であるMichael Saylor氏は、暗号通貨業界が必然的にビットコインに集中すると信じています。彼はBloombergとのインタビューでこの発言をしました。

Saylor氏によると、ビットコインは米国証券取引委員会(SEC)によって証券から除外された唯一の主要な暗号通貨であるとのことです。彼は、規制当局が暗号通貨について合法的な進展の道筋を見出せないと指摘しました。

Saylor氏はまた、暗号通貨取引所が近い将来にビットコインの価格急騰を引き起こすと述べました。「[SECの]見解は、暗号通貨取引所がビットコインなどの純粋なデジタル商品を取引および保有すべきであり、そのため、産業全体はビットコインに集中することになり、半数から1ダースのプルーフ・オブ・ワーク・トークンがあるかもしれません。次の論理的なステップは、ビットコインがここから10倍になり、また10倍になることです」と述べました。

ビットコインの市場支配率が47%に増加

ビットコインは、今年初めに40%の市場支配率でスタートしました。しかし、最近数ヶ月で経験した上昇相場のおかげで、ビットコインの市場支配率は現在47%を超えています。

Saylor氏は、暗号通貨に関する混乱や不安が消えた後、より多くの機関投資家が市場に参入するため、ビットコインの市場支配率が80%に達すると考えています。

MicroStrategyは現在も暗号通貨市場が熊市であるにもかかわらず、ビットコインを購入し続けています。同社は3月に、1億5,000万ドル相当の6,455ビットコインを購入しました。Saylor氏の会社は現在、138,900ビットコイン以上を保有しています。

世界最大の暗号通貨であるビットコインは、最近低迷しています。現在のビットコイン価格は26,001ドルで、過去7日間で3%以上下落しています。

今年の初めに、暗号通貨市場全体の総キャップは700億ドルを超えていました。しかし、現在では暗号通貨市場全体の総キャップが1兆ドルを超えています。