暗号業界はSECの行動後、必然的にビットコインに焦点を当てる運命にある:MicroStrategy創設者のマイケル・セイラー

ビジネスインテリジェンス企業MicroStrategy(MSTR)の創設者兼エグゼクティブチェアマンであるMichael Saylor氏は、米国の規制当局による最近の執行措置により、暗号通貨業界はビットコイン(BTC)に焦点を当てた業界に合理化されることが明確になったと述べました。

「2020年以降、MicroStrategyの見解は、唯一の機関投資家向けの資産がビットコインであるということです」とSaylor氏は火曜日にBloombergのインタビューで述べました。「規制当局は暗号通貨について正当な進路を見出していないことが明らかです…そして、業界全体がビットコインに焦点を当てた業界に合理化されることは明らかです。残りは、おそらく半ダースからダースのプルーフオブワークトークンだけです。」

先週、米国証券取引委員会(SEC)は、市場規模で最大の2つの暗号通貨取引所であるBinanceとCoinbaseに対して訴訟を提起しました。19種類のトークンが提訴されましたが、ビットコインは含まれていません。以前、SECの議長Gary Genslerは、ビットコイン(BTC)は商品であると述べています。

Saylor氏のMicroStrategyは、2020年にビットコインを購入し、その仮想通貨を金よりも優れた価値保存手段と呼びました。同社は現在、約14万BTC(約40億ドル相当)を保有しています。Saylor氏は2023年3月、ワシントンD.C.で個人所得税、利子、罰金を支払わなかったという主張を退ける申し立てに敗訴しました。ただし、裁判所は、Saylor氏とMicroStrategyが法律を違反するために共謀したという主張を棄却しました。

Saylor氏は、約25,000の他の暗号通貨がビットコインまたはより良いビットコインとして位置付けようとしているため、一般の人々はビットコインが次のビットコインであることを理解するようになったと述べました。そして、「次の論理的なステップ」は、ビットコインが値を10倍にして25万ドルになることだと彼は言いました。

「最終的に、私は暗号通貨取引所がビットコインがこの空間で支配的な資産であることを認識するようになると信じています。そして、ビットコインの価値が10倍になると、彼らのビジネスモデルは大丈夫です」とSaylor氏は述べました。

詳細はこちら: MicroStrategyの創設者であるMichael Saylor氏、DCの脱税申し立てを退けることに失敗

Omkar Godboleによる編集。