暗号通貨ヘッジファンドのArca、スタッフの30%を解雇する予定

暗号通貨の冬と不確実な市場状況の中、企業はコスト削減の手段としてしばしば人員削減を含む。デジタル資産管理会社のArcaも、現在スタッフの縮小を行っている企業の一つである。Arcaは、従業員数を30%削減した(現在、総従業員数は66人のみ)ことを説明し、困難な環境においてスタッフの3分の1を解雇する決定を下した。

Arcaの代表者は以下のように述べています:

「拡大はこの長引く熊市場と不確実な規制環境で予測するのが難しい状況です。当社の従業員数の調整により、資本とリソースを保存し、セクターがセンチメントの変化と明確な規制環境を経験するまで成功する可能性を高めることができます。」

昨年、Arcaはコスト削減戦略の一環として、デジタル・イールド・ファンドを閉鎖しました。デジタル・イールド・ファンドは、デジタル資産セクターで初めての積極的に管理されたインカム・ファンドとされています。その目標は、低二桁の効果的な利回りをターゲットに、デジタル資産の投資を最小限の波動で提供することです。しかし、市場の低迷のため、ファンドは1年未満で機能しなくなりました。崩壊したTerraUSD(UST)ステーブルコインへの露出も、デジタル・イールド・ファンドの運営に影響を与えました。

Arcaデジタルイールドファンドの閉鎖に続き、Arcaのポートフォリオマネジメントの副社長Hassan Bassiriが退社しました。Bassiriは、Arcaの最高投資責任者であるJeff DormanとともにArcaデジタルイールドファンドを共同運営していました。特に、Hassan Bassiriはファンドの運営に重要な役割を果たし、彼の退社はArcaのポートフォリオマネジメントと投資戦略に影響を与えました。BassiriのM&Aと分散型金融(DeFi)における専門知識は、同社にとって貴重な資産でした。

Arca Fundについて

2018年に設立されたArcaは、ブロックチェーンによって支えられたデジタル経済への専門家や機関の導入を指導する投資商品とソリューションを提供しています。同社は、資産管理部門であるArca Investmentsと、革新部門であるArca Labsから構成されています。Arcaのフラッグシップヘッジファンド戦略であるArca Digital Assets Fundは、トークン、株式、債券、その他のデジタル資産生態系の企業によって発行された優待証券への投資を行います。一方、Arca Labsは、投資に関する考え方を革新するデジタル構造による革新的な製品を開拓しています。

2021年には、RRE Venturesをリードに、Loews Hotels& Coの社長であるAlex Tisch、Littlebanc Advisorsをリードする一連のトップ金融家の連合などが追加参加したシリーズAの資金調達ラウンドで、Arcaは1000万ドルを調達しました。2022年には、Arca NFT Fundによる調達ラウンドで5000万ドルの上限に到達しました。

Arcaはこれまでに合計80百万ドルを調達しています。主要投資家はAlex TischとRRE Venturesです。