暗号通貨の幹部は、VC資金の減少にもかかわらず前向きな姿勢を保ち続けています

仮想通貨業界の幹部たちは、ベンチャーキャピタルの資金調達の低迷にもかかわらず、セクターの長期的な見通しについては依然として前向きです。

仮想通貨データプロバイダーのRootDataによる数字に基づくと、昨年の第2四半期は、データの追跡が2021年第3四半期から開始されて以来、仮想通貨企業が調達した資金が最も少なかった時期であり、21.7億ドルが調達されました。

この金額は前の四半期の24.7億ドル、2022年第4四半期の33.6億ドルと比較しています。

データによると、2022年第1四半期には、仮想通貨業界のスタートアップが558の資金調達ラウンドで126.4億ドルを調達し、ピークに達しました。

既に改善が見られる

Web3アクセラレーターOutlier Venturesの組織と資金調達責任者であるGvantsa Chkuaseliは、昨年第4四半期の停滞に続いて既に改善の兆しが見られているとコメントしました。

Chkuaseliは、「私たち自身のポートフォリオでも、Mawariの最近の6,500万ドルのシードラウンド(Blockchange VenturesとDecasonicが共同リード)や、Zincの500万ドルのシリーズAなど、困難な状況にも関わらず興味があることがわかります。」と述べました。

彼は、一部の投資家は景気後退にもかかわらず、以前と同様に早期の仮想通貨企業に投資し続けているようです。

「[…] 楽観的である理由があります。」とChkuaseliは述べました。

また、ドバイ拠点のベンチャーキャピタル企業Crypto Oasisの共同設立者であるSaqr Ereiqat氏は、最近の景気後退から多くのポジティブな教訓を引き出すことができると指摘しました。

彼は、「ポジティブな面では、この変化により、最も有望なプロジェクトにのみ資金が提供されるような見極めのプロセスが可能になります。」と説明し、以下を追加しました:

「さらに、困難な時期は勝者を明確にし、真に革新的なベンチャー企業を他のものと分けるものです。」

しかし、ポジティブな教訓を引き出すことができるとしても、Ereiqat氏はベアマーケットとベンチャーキャピタルの資金調達の低迷が業界にとって困難であることも認めました。

「資金調達の機会の希少性により、多くの企業が存続の危機に直面しているのを目の当たりにするのは辛いです。」と彼は述べ、すべての企業に対する適切な戦略的意思決定の重要性を強調しました。