暗号通貨取引所OKXがドバイで準備ライセンスを獲得し、スタッフの増員を促進することに成功しました

仮想通貨取引量第2位の仮想通貨取引所OKXの中東部門は、ドバイ仮想資産規制機関(VARA)からMVP準備ライセンスを受け取り、ライセンスが完全に稼働する準備をすることができます。

OKX Middle Eastは、すでにドバイワールドトレードセンターの新しいオフィスに移転し、現地採用とシニアマネジメントに重点を置き、スタッフの数を30人に拡大する計画だと述べています。

MVPライセンスが完全に稼働すると、OKX Middle Eastは、米ドルとアラブ首長国連邦ディルハム(AED)の預入、引き出し、およびスポットペアを含むスポット、デリバティブ、およびフィアットサービスを提供すると同社はプレスリリースで述べています。

「私たちは、ドバイがUAEおよびMENA(中東および北アフリカ)地域のハブとして非常に重要であると考えています。」とOKXのグローバル政府関係責任者のティム・ビュン氏はインタビューで述べています。「[ドバイ]は、おそらく最も包括的かつタイムリーな規制を持っています。 VARAに責任を持つ専任の規制当局があり、規制に関する問題があった場合に連絡先が明確になることは大きなプラスになると思います。」

訴訟が相次いだことを受けて、仮想通貨取引所は世界中で選択肢を探っています。たとえば、Coinbaseはバミューダにオフショアハブを設立することを検討しており、Binanceは最近のKocooのインタビューでドバイを拠点として賞賛しています。シンガポールの仮想通貨プラットフォームCrypto.comは3月にVARAからMVP準備ライセンスを受け取りました。

また、OKXとBinanceは両社とも、とりあえずカナダでの事業を閉鎖するという似たような道を辿っています。ビュン氏は、OKXはカナダとオンタリオ証券委員会(OSC)に強くコミットしていると指摘しました。

「私たちはカナダから撤退しているわけではありません。」と彼は言いました。「私たちはOSCとブローカーディーラーライセンスを進めています。」彼は、「長い道のりになるかもしれませんが、できるだけ早くカナダに戻ります。」と述べました。

OKXは現在セーシェルに拠点を置いていますが、最近のSECの執行行動に対してどのように対応しているかについて、ビュン氏は、彼の会社がOKCoinという別ブランドで早くから米国に進出したと述べました。

「OKXについては、私たちは常に米国の顧客をブロックしているため、米国で活動していません。」とビュン氏は述べています。「米国市場に参入するかどうか、適切で合法的な方法で決定します。しかし、米国以外にも巨大な機会があると考えています。それがドバイ、バハマ、およびジブラルタル、フランス、およびMiCAが2024年に発表予定のEU全体であるところの魅力です。」 MiCAとは、欧州連合の仮想通貨資産市場に関する法律です。

SECからCoinbaseとBinanceが受けたような同様の扱いをOKXが期待しているかどうか尋ねられた際に、ビュン氏は、「具体的または可能性がある将来の行動については話せません。」と述べました。

シェルドン・リバックによる編集。