暗号通貨取引所OKXが「Nitro Spreads」を提供し、ワンクリックでベーストレーディングが可能になりました

OKXは、機関投資家向けのリキッドマーケットプレイスであるOTCの「Nitro Spreads」を立ち上げました。この機能により、トレーダーは1クリックで複雑なベーシス取引を行うことができます。

ベーシス取引とは、2つの別々の市場での資産価格の差を取引し、収益を生み出す取引のことを指します。例えば、現物市場と先物市場の資産の差を取引することが挙げられます。OKXのNitro Spreadは、このような取引を自動化し、1クリックで実行できるようにしています。トレーダーは、取引所に上場している現物、永続、および先物契約の組み合わせに対してこの機能を適用できます。

OKXのグローバルチーフコマーシャルオフィサーであるLennix Lai氏は、「現在の複雑な市場環境では、機関投資家は取引場所を選ぶ際に信頼性、予測可能なリターン、真のイノベーションを求めています。これは特に、ベーシス取引において精度と完璧な実行が極めて重要であるためです。」と述べています。

ニトロスプレッドは、仮想通貨市場で2つの取引レッグが中央のオーダーブックを介して実行されるベーシス取引ツールの1つであると、プレスリリースは述べています。取引を行う前に、トレーダーは保証されたスプレッドを選択することができ、価格のすべりを減らすことができます。

Lai氏は、「トレーダーは固定スプレッドで休止注文を出すことができ、即時実行の心配をする必要はありません。もし実際のスプレッドが選択したスプレッドに対して動いた場合、彼らの注文はパッシブになり、実行されません。」と述べています。

彼はまた、「スプレッドオーダーブックの価格は、インストゥルメントがデルタニュートラルであるため、アウトライトブックよりも一般的に安定しています。私たちは、様々な流動性プロバイダーと協力し、ユーザーが効果的に取引し、スプレッドを活用できるようにしています。」と続けています。

プレスリリースによると、トレーダーは、カレンダースプレッド、ファイナンシャルロール、ファンディングレート農業などの人気のあるデルタワンスプレッド戦略を、オーダーブック形式で実行することもできます。

この取引所のNitro Spreads製品は、5月にプレビュー版としてローンチされました。

スティーブン・アルファーによる編集。