仮想通貨取引所OKX、史上最大の取り組みでOKBトークンの258百万ドルを焼却

仮想通貨取引所OKXは、計画された動きとして3月から5月にかけて、okb(OKB)トークンの約2億5800万ドル相当を焼却し、広範な暗号市場の変化が少ない中、トークンを上昇させました。

「今回、セカンダリ市場から買い戻され、焼却されたOKBの総数は5,497,312.77 OKBでした」とOKXは、金曜日にリリースされた買い戻しと焼却の報告書で述べました。

OKBトークンは、完了した焼却の詳細が公表されたことで44ドルから45ドルに上昇しました。過去24時間で1.4%上昇しています。トークンの時価総額は26億ドルを超えています。

買い戻しと焼却プログラムは、OKXが市場の季節的な動向や運営パフォーマンスに応じて、毎四半期、3億個のオリジナル供給からOKBトークンを購入し始めた2019年5月に開始されました。

「焼却」とは、誰にも管理されていないウォレットアドレスにトークンを送信することにより、流通供給からトークンを永久に削除することを指します。これらのトークンの需要が引き続き増加する場合、供給量の減少は徐々に価格上昇につながる可能性があります。

シェルドン・リバックによる編集。