暗号資産取引所Bit2Meは、1,500万ドルを調達し、スペインとラテンアメリカにおける存在感を拡大する計画です

主要なポイント

  • Bit2Meは、スペインとラテンアメリカ諸国での存在感を拡大する予定です。

  • これは、暗号通貨取引所が最新の資金調達ラウンドで1,500万ドルを調達した後に発表されました。

Bit2Me、スペインとラテンアメリカでのサービスを拡大

スペインの主要な暗号通貨取引所であるBit2Meは、スペインとラテンアメリカでのサービスを拡大することを明らかにしました。

この最新の暗号通貨ニュースは、投資会社Investcorpが主導する資金調達ラウンドで1,500万ドルを調達した後に発表されました。

同社によると、投資ラウンドには、スペイン最大の通信会社Telefónicaの投資部門であるTelefónica Ventures、Stratminds VC、Cardano、YGG Fundも参加しました。

Bit2Meは、資金を使用して、スペインでの存在感を高め、特定のラテンアメリカ諸国での拡大を加速する予定です。

Bit2Meの共同創設者兼CEOであるLeif Ferreiraは、次のようにコメントしています。

「この資金調達により、国際的なパートナーであるInvestcorpと、ラテンアメリカでのより多くのチャネルを提供するTelefónicaに特に感謝して、新しい顧客の獲得を促進することができます。」

Bit2Me、ラテンアメリカでの存在感を高める

Bit2Meは、ラテンアメリカで重要な暗号通貨取引所になりつつあります。昨年5月、同社はコンプライアンスのタスクに取り組むブラジルに新しいオフィスを設置しました。

2ヶ月後、暗号通貨取引所は、チリ、ウルグアイ、コロンビアなどの一部のラテンアメリカ諸国での存在感を高めるため、ペルーのFluyezの大部分の株式を取得しました。

2023年2月、同社はまた、スペイン銀行から仮想通貨サービスとデジタルウォレットの保管業者として最初に認可を受けました。

Bit2Meの拡大計画は、主要な暗号通貨取引所であるBinanceとCoinbaseが規制上の課題に直面している時期に来ています。これらの2つの取引所は、最近、米国証券取引委員会に訴えられ、米国の証券法に違反したとされています。