暗号通貨取引所Binanceがオランダ市場からの撤退を発表

主な要点

Binanceがオランダ市場から撤退

世界最大の取引量を誇る暗号通貨取引所であるBinanceは、6月16日金曜日に、オランダ市場から撤退すると発表した。

この最新の暗号通貨ニュースは、同社がオランダでVirtual Asset Service Provider(VASP)として登録できなかったためである。Binanceは自社のブログで次のように書いている。

「Binanceはオランダ市場から撤退することを残念に思います。即座に、オランダに居住する新規ユーザーは受け付けられません。2023年7月17日00:00 UTC(2023年7月17日02:00 UTC + 2)以降、既存のオランダ居住者ユーザーはBinanceプラットフォームから資産を引き出すことしかできません。これ以上の購入、取引、または入金はできません。ユーザーには、Binanceアカウントから資産を引き出す適切な措置を取るようお勧めします。」

この暗号通貨取引所は、オランダの規制に準拠してオランダの住民にサービスを提供する多くの代替案を検討したが、VASP登録を取得することには成功しなかったと述べた。

しかし、Binanceは引き続き、オランダのユーザーに製品とサービスを提供するために権限を取得するための取り組みを続けると述べた。

Binanceの撤退が続く

Binanceは最近、いくつかの市場から撤退する圧力を受けている。この期間中、この暗号通貨取引所は、新しいガイドラインによりカナダ市場が経営にとって不可能になったと述べ、先月、カナダ市場から撤退した。

この会社はまた、先週キプロスの現地ユニットの登録解除を申請した。これらすべては、Binanceが米国の規制圧力に直面している時期に起こった。

米国証券取引委員会(SEC)は今月、Binanceを価値証券法に違反したとして訴えた。証券規制当局はまた、Binance.USの資産を凍結するための一時的な差し止め命令を申請した。