暗号通貨カタリストウォッチ:今週市場を動かす可能性があるもの

この数日間、暗号市場は主に暗号特有のイベント、主にSECによるバイナンスとコインベースへの訴訟に反応してきましたが、今週は経済ニュースが主導する可能性があります。

以下がカレンダーです:

  • 火曜日には、5月の米国消費者物価指数(CPI)が発表され、市場観察家は、年間のヘッドラインインフレ率が4月の5.5%から低下し、コアレートが4.9%から低下するかどうかを注目しています。頑固な高インフレは、米国連邦準備制度を迫り続け、現在1年以上続く利上げを強制し、一般的に暗号市場と特にビットコイン(BTC)に対して風前の灯火になっています。
  • 週のメインイベントかもしれない、連邦公開市場委員会(FOMC)の6月の会議結果が水曜日の午後2時(ET)に発表されます。トレーダーたちは、歴史的な利上げの一連のストリングを一時停止する可能性が75%程度あると現在価格設定しており、これは2022年3月から始まり、基準となる連邦基金金利が0.00-0.25%の範囲から現在の5.0-5.25%に移行したものです。会議結果に続いて、連邦準備制度理事会議長ジェローム・パウエルが記者会見を開催します。
  • 水曜日には、5月の生産者物価指数(PPI)も発表されます。CPIほど注目されていませんが、ヘッドラインPPIは4月に2.3%に低下し、コアレートは3.4%に低下しました。
  • 木曜日には、6月10日に終了した週の初期失業保険請求件数が発表されます。この数は過去数か月間にわたってわずかに増加しており、先週は18か月ぶりの261,000件の高い数字に跳ね上がりました。これは、月次非農業部門雇用報告書での雇用増加が異なると報告されたにもかかわらず、一部の労働市場の弱さを示唆しています。
  • また、木曜日には、欧州中央銀行(ECB)が最新の利上げ決定を発表します。高インフレを抑えるために、ECBは昨年7月以来利上げを続けています。

編集:ジェームズ・ルビン。