暗号通貨ビジネス:暗号通貨の流出急増、a16zの英国オフィス、そして沈黙のオルトコイン禁止

米国における利上げの加速と厳しい規制環境により、過去8週間で暗号通貨業界から417億ドルの流出があり、多くのアルトコインが取引停止となり、流動性が低下し、暗号通貨冬季が続いています。

このような環境により、暗号通貨企業は、ビジネス戦略を見直し、適応する必要があります。

たとえば、暗号通貨取引所のBinanceは、規制当局との法的な課題に直面しながら、収益源を多様化する取り組みを進めています。同社は、ビットコイン(BTC)に専用された新しい定額制クラウドマイニング製品を立ち上げ、Binanceのクラウドマイニングサービスを通じて、機器を持っていないユーザーがビットコインハッシュレートを購入できるようになります。

また、ベンチャーキャピタルファームのAndreessen Horowitz(a16z)も新たな方向性を打ち出し、米国外で初めてのオフィスを英国ロンドンに開設する予定です。a16zのマネージングパートナーであるクリス・ディクソン氏は、「予測可能なビジネス環境」を理由の一つに挙げています。英国首相のリシ・スナック氏は、消費者を保護しながら「イノベーションを促進するための適切な規制とガードレール」を備えた環境の存在を挙げ、この拡大に貢献していると述べました。

主権共同基金研究所によると、a16zは、資産管理額が358億ドルで、世界最大のベンチャーキャピタルファームです。この移転により、同社は、米国外でより規制環境の良いオペレーションを設立する多くの暗号通貨ビジネスに加わります。

今週のCrypto Bizでは、暗号通貨市場からの流出、a16zの米国外で初めてのオフィス、アルトコインに対する継続的なサイレントバン、そして英国で初めて展開されるAIモデルについて取り上げます。

​​投資家の慎重さが続く中、8週間で暗号資金の流出額が417億ドルに達する

CoinSharesの最新週報によると、先週、暗号通貨投資商品は8800万ドルの流出を経験しました。大幅な流出により、8週間にわたる流出が417億ドルに達しました。CoinSharesのアナリストは、デジタル資産について投資家が慎重であるため、この継続的なトレンドの原因は、金融政策に関する考慮があると述べています。過去1週間で、イーサリアムの製品は3600万ドルの流出を記録し、イーサリアムマージ後の資産としては最大の週次流出となりました。一方、ビットコイン投資商品は、5200万ドルの流出を記録しました。

a16zが「予測可能な」環境を引用してロンドンの暗号オフィスを開設する

ベンチャーキャピタルファームのa16zは、今年初めて米国外でのオフィスを開設します。米国に本拠を置く企業が国外で緑の牧場を求めていることを背景に、この決定は、英国の首相との「生産的な対話」、および「数か月にわたる建設的な会話」を経て、陛下の財務省、政策立案者、および金融行動監視機構と確定しました。新しいオフィスに加え、a16zは、2024年春にロンドンで新しいCrypto Startup School(CSS)プログラムを開始する計画を発表しました。最近のCSSプログラムには、8000人以上の応募があり、26社がa16zからの投資を受けました。

eToro、米国の顧客向けにALGO、MANA、MATIC、およびDASHの購入を一時停止

トレーディングプラットフォームのeToroは、米国の証券取引委員会から最近証券としてラベル付けされた暗号通貨であるAlgorand(ALGO)、Decentraland(MANA)、Polygon(MATIC)、およびDash(DASH)の購入を一時停止しました。競合他社のRobinhoodも、規制当局によって有価証券と見なされる他の2つの暗号通貨であるCardano(ADA)とSolana(SOL)と共に、MATICのサポートを停止したばかりです。これらの資産は公式にリストから削除されていますが、eToroの米国ユーザーはこれらのトークンを所有し、売却することができます。同社は依然として「暗号通貨業界の支援者」であるとし、この移転が潜在的な規制違反を回避するためであると示唆しました。

eToroは、急速に変化する規制環境に対応するためのフレームワークを備えています。最近の動向により、米国のお客様に提供する暗号資産をいくつか変更することになりました。(1/5)

— eToro US (@eToroUS) June 12, 2023

英国、グーグルとオープンAIのAIモデルに「早期または優先的なアクセス」を得る予定

英国のリシ・スナック首相は最近、世界的な生成型人工知能(AI)技術のグローバル業界リーダーと広く考えられている3つのテック企業、Google DeepMind、OpenAI、およびAnthropicが、英国に彼らのAIモデルへの早期アクセスを提供することに同意したことを発表しました。スナック首相は、AIシステムの展開についての3つの部分からなる計画を開示するスピーチで、この発表をしました。首相は、英国が一般の公衆や契約者よりも生産モデルに早期にアクセスするか、またはコミットメントが単に政府や他の優先的な研究者にアクセスを提供することであるかを明確にしませんでした。

「Crypto Biz」は、ブロックチェーンと仮想通貨のビジネスに関する週刊パルスで、毎週木曜日に直接あなたのメールボックスにお届けします。