「クラウドヘルスクラウドファンディングプラットフォームがBreez SDKとLightningを統合」

「Breez SDKとLightningが統合されたクラウドヘルスのクラウドファンディングプラットフォーム」

CrowdHealth(クラウドヘルス)は、保険契約の代わりに医療費を支払うためのクラウドファンディングプラットフォームであり、BreezのLightning SDKとライトニングペイメントを統合しています。経済的状況において他の先進国に比べてアメリカ合衆国は医療に対して平均以上のお金を費やしており、医療費はアメリカ合衆国において倒産の主要な原因の一つです。アメリカ合衆国の医療システムには問題があることは秘密ではありません。

CrowdHealthのモデルは、従来の保険契約に比べて安価な価格での選択肢を提供することに基づいています。月額50ドルの会員費で、ほとんどの保険プランよりも格安で提供されるCrowdHealthは、医療費を最も安価な価格で交渉し、介護プロバイダーを見つけ、請求書を管理し、割引された処方薬を提供し、会員向けのクラウドファンディングサービスなどを扱います。

クラウドファンディングは、このプラットフォームの核となる特徴です。保険請求のための保険基金を作成するために適切な保険料を徴収する代わりに、プラットフォームの利用者は直接CrowdHealthから月額費用を支払い、他のメンバーからの任意のクラウドファンディングに依存して実際の医療費を支払うための資金要件を満たします。この現在の5000人のメンバーユーザーベースでうまく機能しているアイデアは、人々が未来に予期せぬ費用をカバーする必要がある場合、その人々がネットワーク上の他の人々の経費を助けるために前払いをするというものです。

Breezの統合前は、会社は従来の法定通貨の支払いシステムを利用していましたが、これは会員間で資金を移動させるために成功裏に機能していましたが、これには2つの主なオーバーヘッドがあり、根本的に解決できません。

まず、支払手数料です。銀行振込には、単一の振込に対して20ドルから30ドルもかかる場合があり、これは会員の医療費にあてられる寄付された資金を減少させます。また、暗に最低金額を設定します。お金を送るために銀行振込が必要な場合、誰かが2ドルを寄付して医療費に充てるために20ドルの手数料を支払うでしょうか? ライトニングはこの状況を大幅に改善し、ネットワークが許容する範囲内での任意の金額に対してわずかな送金手数料で支払いができます。

次に、支払い決済に要する時間です。銀行振込は、特定の状況では数日または数週間かかる場合があります。もし緊急に医療処置が必要な場合、この決済の遅延は、介護プロバイダーが前金またはクレジットで手続き後すぐに支払いを求める場合、実際にメンバーに身体的な害を引き起こす可能性があります。ライトニングは再び支払いを完全に確定させ、わずかな時間で処理を完了することができます。

Breez SDKを使用したライトニング統合により、すでに革新的な新しいビジネスモデルがコストを合理化し、メンバー同士がお互いの医療費をクラウドファンディングするスケーラビリティを向上させる可能性があります。