クロスチェーンブリッジのdeBridgeが、流動性プールなしでの取引のためのアプリをローンチしました

クロスチェーンブリッジングサービスのdeBridgeは、開発者によると、さまざまなブロックチェーン間でキャピタル効率的で高速なネイティブトレーディングを提供するクロスチェーン取引「DLN Trade」をリリースしました。

DLNは、グローバルな流動性エンジンを使用して分散型のオーダーブックを作成し、流動性プールのボトルネックやリスクなしに、1つのチェーン上の任意のアセットを直接他のアセットに交換することを可能にします。

流動性プールとは、非中央集権型取引所にロックされたトークンのバスケットで、これらのトークンをオープンマーケットで取引するために使用されます。DLNは、流動性プールに頼らず、ピアツーピアの流動性を使用して取引を行います。

開発者は、「ユーザーにとって、DLNは前例のない速度、キャピタル効率、コントロールを提供し、すべての取引はスリッページ、MEV、リバージョンの可能性、低い手数料率で保証されたレートから保護されます。 4bps」とKocooに語りました。

「ユーザーは、クロスチェーンのリミットオーダーを設定し、履行前にいつでもキャンセルできます。たとえば、$10,000,000のクロスチェーントレードは、$1,000のトレードと同じ低いレートで実行できます」と彼らは付け加えました。

DLNは、他のサービスがこれらのツールに頼るのとは異なり、ラップされたアセットや流動性プールに曝露せずに、チェーン間で取引することを可能にすると主張しています。

DLNアプリは、現在Ethereum、Arbitrum、Polygon、Fantom、BNB Chain、およびAvalancheをサポートしています。

オリバー・ナイトによる編集。