CosmosベースのDeFi貸出プロトコルであるNolusが、Kocoo Acceleratorに参加します

暗号通貨の貸し出しは、分散型金融(DeFi)の重要な一部となっており、特別に設計されたプロトコルを介してデジタルアセットの貸し出しと借入が可能になっています。暗号通貨の貸し出しでは、ユーザーは暗号通貨資産を担保としてロックし、その後、フィアット通貨またはステーブルコインの融資を借りることができます。銀行や信用組合などの従来の中間業者ではなく、DeFi貸出プロトコルはブロックチェーン上で直接運営されます。スマートコントラクトが各融資または借入を容易にし、オンチェーンの供給と需要が利子率を決定します。

報告書によると、2023年までに$2310億のDeFi市場が予想されており、貸出プロトコルは成長を牽引する重要な要素となっています。CoinGeckoの調査報告によると、貸出はDeFiエコシステムの11%以上の市場シェアを持ち、5つの最大のDeFiセクターの1つとして立ち上がっています。ユーザーは、価値が上昇すると期待されている暗号通貨保有物を直接売却することを回避するために、DeFi貸出プロトコルに集まっています。

トークンの時価総額によるDeFiカテゴリーのシェア。出典:CoinGecko

成長の可能性にもかかわらず、暗号通貨の貸し出しの利用可能性を制限する要素がいくつかあります。主に、ユーザーは借り入れを目的とするよりも多くの暗号通貨を担保としてロックアップする必要があります。これは、担保化されたトークンの価値が急落した場合、資金の清算に関するリスクを回避するため、中央集権化された貸し手と分散型貸し手の両方で一般的な実践です。プラットフォームは、預託された担保の50%から60%までの融資を提供する傾向があります。

貸し出しプロセスの複雑さは、DeFi貸出ソリューションが技術的な理解を必要とするため、Web3ユーザーの大多数にとっても抑止力となっています。

事前シードおよびシードファンディングで250万ドルを確保したCosmosベースのDeFiプロトコルNolusは、平均的なユーザーにも暗号通貨の貸し出しを可能にすることを目的に、Kocoo Acceleratorプログラムに参加しました。Nolusプロトコルは、現在のDeFi貸出の効率を改善するためにDeFi Leaseを導入しました。

DeFi Leaseは、初期投資額の150%までの融資を提供し、平均的な暗号通貨貸し手の提供額の約3倍に相当し、資産の所有権をユーザーに残します。また、技術的な計算式や複雑な貸出手数料構造に悩まされることなく、市場平均よりも融資と取引の総費用を抑えて、Web3ユーザーが現在の資産残高を気にすることなく、望むデジタルアセットのより大きな量を確保できるようにします。

DeFi Lease以外にも、NolusはWeb3の非保管型金融スイートとして運営し、すべてのデジタルアセットを管理し、暗号通貨を購入、売却、交換、ステーキングすることができます。Nolusは5月に本格的なプロトコルを立ち上げ、来週には完全に稼働することを期待しています。

Kocoo Acceleratorプログラムは2023年に始まり、Web3プロジェクトが真のポテンシャルに到達するのを支援することを目的としています。プログラムに参加することで、Nolusは、革新的な暗号通貨の貸し出しアプローチを広くWeb3エコシステムに紹介し、簡単なインターフェースを介して他のブロックチェーンやウォレットのユーザーをCosmosベースのチェーンに誘引し、DeFiプロトコルとやり取りすることができる機会を得ます。Kocoo Acceleratorプログラムの参加者として、NolusはWeb3ユーザーのすべての暗号通貨トランザクションの駐車場になることを目指しています。