ConsenSysは、Ethereumのさらなるスケーリングを目指してLinea zkEVMをリリースします

ConsenSysは、Linea zkEVMをリリースしてEthereumのスケーリングを目指します

イーサリアムエコシステムには、ConsenSysがLineaネットワークへのパートナーのオンボーディングを開始するにつれ、別のレイヤー2スケーリングソリューションが歓迎されています。これは、テスト中に重要なスケーリングのマイルストーンを達成したLineaというイーサリアムのレイヤー2スケーリングネットワークです。

Lineaは、開発者がイーサリアム向けに分散型アプリケーションを構築または移行することができるイーサリアムのレイヤー2スケーリングネットワークです。ゼロ知識証明を使用し、イーサリアム仮想マシン(EVM)と同等の動作をします。つまり、そのアプリケーションはシームレスにイーサリアムブロックチェーンと対話できます。

このネットワークは、約5,500,000のユニークなウォレットが4600万トランザクションを実行した長期間のテストネット期間を経てきました。ConsenSysは、テスト期間を通じてLineaのパフォーマンス、トランザクションコスト、ユーザーエクスペリエンスの改善を明記しています。

7月11日に100を超えるパートナーとともに段階的なアルファリリースが開始され、ConsenSysはイーサリアムのメインネット上で実行されるトランザクションよりも高速なスループットと15倍低いトランザクション手数料を提供しています。

Lineaはまた、ConsenSysのイーサリアムブラウザウォレット「MetaMask」とも統合されており、Lineaユーザーはトークンブリッジ、スワップ、購入機能にアクセスすることができます。

ConsenSysの創設者兼CEOであるJoseph Lubinは、Web3アプリケーションと機能の開発を推進する重要な要素として、レイヤー2のイーサリアムスケーリングプロトコルとソリューションの数を強調しています:

「マージからプルーフオブステークへの移行とロールアップ中心のロードマップの広範な支持により、イーサリアムL2はスケーラビリティと使いやすさの大幅な進歩に重要な役割を果たすことになります。」

Cointelegraphと共有されたアナウンスメントでは、分散型ファイナンス(DeFi)アプリケーションがLineaに移行し、高速な確定性、資本効率の高いブリッジ、およびイーサリアムのメインネットからのセキュリティを活用していることが強調されています。

一方、このネットワークは低いガス料金、高いスループット、低いレイテンシーも提供しており、ノンファンジブルトークン、ブロックチェーンゲーム、およびソーシャルアプリケーションの動力となる重要な要素です。

関連記事: ZK-プルーフはビットコインのOrdinalとBRC-20の問題の解決策ですか?

ConsenSysはまた、Lineaエコシステム投資アライアンス(EIA)を立ち上げました。これにより、30以上のベンチャーキャピタル企業がエコシステムビルダーに資本と助言を提供します。

Lineaのアルファメインネットの発表では、ユーザー、DApps、およびネットワーク自体を保護するためのセーフガードが使用されます。これには、最初の1週間にネットワークへの実行呼び出しを許可するのは、起動パートナーのみです。

ConsenSysは、フランスで開催されるETHCCでネットワークを公開する予定であり、最初の90日間には引き出しに制限が設けられる場合もあります。同社はバグバウンティを実施し、システムのパフォーマンスを監視した後、LInaをエンドユーザーに完全に公開する予定です。

2023年には、イーサリアムのレイヤー2が大きな話題となっています。レイヤー2開発企業Polygonも2023年3月にzkEVMネットワークを公開しました。一方、zk-プルーフを先導したStarknetは、今年はネットワークのスループットを増やすことに焦点を当てています。

この記事をNFTとして収集し、歴史のこの瞬間を保存し、暗号空間での独立ジャーナリズムをサポートしましょう。

マガジン: ZK-ロールアップはスケーリングブロックチェーンの「最終形態」です:Polygon Midenの創設者