Compound(COMP)トークンは、CEOが辞任した後に100%以上上昇しました- 詳細

DeFiレンディングプラットフォームCompound Financeの有名な創設者であるRobert Leshnerは、DeFiレンディングプロトコルのCEOの職を辞任しました。

Leshnerは最近、新しいビジネスベンチャーであるSuperstate Trustを立ち上げる計画を発表しました。この取り組みの目標は、短期政府債券ファンドの創設です。なお、Superstate Trustは既にさまざまなDeFi投資家からスタートアップ資金として400万ドルを調達しています。

Robert Leshnerの辞任にもかかわらず、Compound FinanceのネイティブトークンであるCompound (COMP)はまだ上昇傾向にあります。現在55.87ドルで取引されているCOMPは、過去2日間で22.47%の急騰を経験しました。

The Defiant Terminalによると、Compound Financeは20億ドルの資産を保有しており、ガバナンストークンであるCOMPは過去1週間で100%以上上昇しています。

Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、S&P 500などの重要なデジタルアセットは、この期間に3%未満の上昇にとどまっています。

この優れたパフォーマンスは、組織の変化に対するCompound(COMP)の堅牢性と適応性を示しており、投資家のトークンへの信頼が高まったことを反映しています。

Compound(COMP)トークンは、CEOの辞任後に急騰。出典:The Defiant Terminal

Compoundの支持者は、重要な市場参加者による最近の大規模な暗号通貨の流出が、Compound(COMP)の価格が上昇し続ける明確な兆候であると信じています。

これらの支持者は、大量のデジタルアセットを所有している暗号通貨ウェールズによる出金が、Compoundとその将来の成長の可能性に対する信頼と自信を示していると楽観視しています。

ブル市場の投資家は、Compoundが今後の数週間で約80ドルの驚異的な評価を超える可能性さえあると予測しています。この前向きな態度は、これらのパワフルなプレイヤーの出金活動が、株価の上昇トレンドの触媒となり、Compoundの長期的なポテンシャルへの信頼と自信を明らかにするという考えに基づいています。

COMPの時価総額は現在431百万ドル。チャート:TradingView.com

Securities and Exchange Commissionに提出されたプロスペクトによれば、Superstateの資産はEthereumブロックチェーン上で表現される機会があるとされています。このプロスペクトは、ブロックチェーン技術の利用とそれに伴う「運用効率性」の利点を強調しています。

CompoundはEthereumブロックチェーン上のアルゴリズムマネーマーケットのプロトコルです。特に、現在のDeFiブームは、このネットワークがそれを起こしたとされています。

2020年の夏の中頃、Compoundは市場にイールドファーミングを導入した最初のプラットフォームでした。イールドファーミングは、暗号通貨のステーキングと多くの面で比較できるものです。

Leshnerは、DeFiの初期プロトコルのひとつとして、大量の資産の寄付を募るためにCompoundとその他のいくつかのプロトコル、MakerDAOを設立しました。これらのプロトコルは、トークンの転送以上の目的でブロックチェーンが使用される可能性を初めて示しました。

DeFiの夏の流動性マイニングブームは、2020年6月のCOMPの導入から始まりました。

一方、SNSで流れている噂によれば、Superstateからのいくつかの形式のエアドロップがCOMPの価格変動の原因となる可能性があります。

ただし、新会社の活動にCOMPが参加するというSuperstateからの公式な発表はありません。

(このサイトの内容は投資助言として解釈されるべきではありません。投資にはリスクが伴います。投資する際には、資本がリスクにさらされる可能性があります)。

InsideBitcoinsからの注目画像