CoinSharesレポート:2023年における新たな高値を迎える中、ビットコインが主要投資家の注目を集める

ビットコイン(BTC)は、今年も市場が上昇し続ける中、過去2週間で機関投資家の最も注目されるターゲットとなっています。

CoinSharesの新しいレポートによると、SEC(証券取引委員会)による現物BTC ETFの承認に対する懐疑論が広がる中、ビットコインの投資商品は過去14日間で3億1000万ドルの流入を記録しています。

レポートによれば、BTCは前の9週間連続の流出から回復し、他の商品をリードしています。

今週の流入額は1億2300万ドルであり、ショートBTC投資商品は90万ドルの流出を記録し、10週連続のマイナス運用となりました。

ビットコインの優位性は、過去2週間における市場全体の98%を占めるため、今回が今年2回目の出来事であり、プレス時点での価格が3万1000ドルを上回っているため、ベアリッシュなセンチメントの余地はありません。

イーサリアムは、27万ドルの流入を記録し、ブロックチェーン関連の株式は68万ドルの流入を記録し、9週ぶりの流入となりました。

リップル(XRP)、カルダノ(ADA)、ポリゴン(MATIC)などの他のアルトコインも同様の好意的な数字を記録し、ソラナ(SOL)は80万ドルを記録しました。

CoinSharesの市場調査責任者であるジェームズ・バターフィルは、ビットコインが高い取引活動の中で投資家の「主要な焦点」であると指摘しました。

「ビットコイン投資商品は、今年の純流入に戻り、わずか2週間前には純流出の状態でした。」

現物ETFの背後で

最近のビットコインの市場支配力の増加の理由は、ブラックロックの最初の推進によって引き起こされた複数の現物ETF申請による熱狂にあります。

先月、ビットコインの価格はブラックロックの申請後に25.2%急騰しました。WisdomTree、インベスコ、ファイデリティも同様の申請を行いました。

BTCは現在、50%の市場支配力を2年ぶりに回復し、市場支配力は51.23%となっています。

過去の現物BTC ETFの申請の拒否に続いて懐疑論が広がっていますが、ブローカージファームのアナリストを含む一部の観察者は、委員会が提案を承認する可能性があると考えています。

「SECは、既存の規制された取引所からの監視を伴う、よりメインストリームのウォールストリートの参加者による規制されたビットコインETFを導入する方が、機関投資家のギャップを埋めるためのGrayscale OTC商品と取り扱うよりも好むでしょう。」

ビットコインの恐怖と欲望指数はブル志向を維持し、現在の値は64です。