ヨーロッパの仮想資産管理会社CoinSharesが米国のヘッジファンド市場に参入する予定

CoinShares, a European virtual asset management company, plans to enter the US hedge fund market.

暗号資産マネージャーのCoinShares(CS)は、ヨーロッパを拠点としているが、アメリカの適格な投資家向けにヘッジファンド部門を設立することを発表しました。

ジャージー島のセントヘリエに拠点を置く同社は、金曜日の発表で、機関投資家に対してデジタル資産への積極的な管理された露出を提供することを目指しています。

CEOのジャン=マリー・モニエッティは、この動きを「自然な進化」と表現し、「金利とインフレによって顕著に変化するマクロ環境を考慮したものです」と述べました。

「長らく待たれてきた金利駆動型のボラティリティの回復は、私たちの新しいファンド商品で捉える絶好の機会です」とCoinSharesのヘッジファンド部門責任者であるルイス・フェラスは声明で述べました。「提供される各商品は、カウンターパーティリスクを軽減しつつ、投資家に明確に定義された資産クラスと戦略的露出を提供するために設計されています。」

会計ファームのプライスウォーターハウスクーパース(PwC)の7月のレポートによれば、暗号資産に投資している従来のヘッジファンドの割合は、前の12か月の37%から29%に低下しました。また、アメリカの規制環境により、約4分の1のヘッジファンドが戦略の見直しを検討し、約12%がより暗号通貨に対して友好的な管轄地に移転を検討していることも判明しました。

CoinSharesの株価はストックホルム証券取引所で2.2%上昇しました。

続きを読む: 暗号通貨ヘッジファンドが業界を揺るがす:Crypto Long & Short

シェルドン・リーバックによる編集。