コインベースは、監視のためにファイデリティとその他のビットコインETFと提携します- 最新の情報はこちらです

先週、ウォールストリートジャーナル(WSJ)の報道により、SECの関係者がブラックロック、ウィズダムツリー、ヴァルキリー、ファイデリティ、アーク・インベストメント、インベスコなどの有力な金融機関からの現物ビットコインETF申請に不満を抱いていることが明らかになりました。

この報道を受けて、ファイデリティ、ヴァネック、インベスコ、ウィズダムツリーの4社が行動を起こし、再申請を行いました。

「内部情報に詳しい人々」を引用したWSJの寄稿者であるヴィッキー・ジー・ファンによれば、規制当局はETFの登録が不適切であると判断し、この事実をCboeとNasdaqに通知しました。

CboeはSECのフィードバックに対応し、現物ビットコインETFの申請を再提出する意向を確認しました。

Cboeは約束を守るため、グローバルな暗号通貨取引所Coinbaseと協力し、潜在的な市場操作を防止するために、ファイデリティ、ヴァネック、インベスコ、ウィズダムツリーが最初に提出した申請書に必要な更新と修正を行いました。

金曜日には、Cboeは米国の証券規制機関にFidelityが管理するビットコイン上場投資信託(ETF)を立ち上げるための申請を正式に再提出し、SECの懸念事項に対応し、以前の曖昧さや不完全さを明確にしました。

その目的は、市場操作を防止しながら、ETFの立ち上げをスムーズかつ適法なプロセスにすることです。

Coinbaseが監視情報共有パートナーに正式に指定される; BlackRockとArkが辞退

金曜日に重要なアップデートが発生し、Coinbaseが公式に監視情報共有協定(SSA)のパートナーに指定されました。

なお、BlackRockとArkは申請を再提出しませんでしたが、BlackRockは以前にCoinbaseをSSAパートナーとして選んでいました。

Cboeは修正された申請書で、Coinbaseのプラットフォームがアメリカベースのドル建てビットコイン取引において重要な役割を果たしていることを強調しました。

CboeのFidelityビットコインETFの申請書によると、Coinbaseのプラットフォームは5月における米ドルビットコイン取引の約半分を占めていました。

「スポットBTC監視情報共有協定は、ISGの2つのメンバー間の監視情報共有協定の本質的な特徴を具備することが期待されます。これにより、取引所はCoinbaseで行われるスポットビットコイン取引に関するデータへの補足的なアクセスを得ることになります。取引所はこれらのデータを、ISG内での情報交換のように、商品ベースの信託株式の監視プログラムの一環として利用します」と申請書に記載されています。

SECが監視情報共有協定を推進、ビットコインETFは否認

SECは、重要な市場と監視情報共有協定を締結することを提唱し、そのような取引が市場操作を防止し、消費者を保護すると述べています。この協力不足は、SECがさまざまなビットコインETFの申請を拒否する要因となっています。

「市場は透明性も監査もなく、SECによれば操縦されている」と、元SECインターネット執行部長のジョン・リード・スターク氏は仮想通貨市場について述べています。

現在の状況に関しては、SECは正式に申請書の審査を認めていません。

申請書が連邦公報に掲載されると、国立日誌としての役割を果たし、45日間の初期審査期間が開始されます。ただし、この期間は最大240日まで延長されることがあります。

これらの問題に関してコメントを求めたが、SEC、Cboe、Nasdaq、Fidelity、BlackRockは声明を提供することを拒否し、Coinbaseは直ちにコメントを提供することができませんでした。

最近、BlackRockとFidelityによって提出されたビットコインETFの申請は、ビットコイン価格の大幅な上昇に寄与し、6月15日以来20%以上上昇して1年ぶりの高値を記録しました。

仮想通貨市場は、FTX取引所の突然の閉鎖など、今年初めにいくつかの仮想通貨企業の破綻に直面し、投資家のセンチメントに悪影響を与えました。

SECがビットコインETF申請に関する追加情報を要求しても、ビットコインの価格は強気のままであり、センチメントがベア派に転じていないことを示しています。