Coinbase株価がほぼ12%上昇 ブラックロックが監視パートナーシップを発表

米国の著名な仮想通貨取引所であるCoinbaseは、最近、COINの株価が上昇しています。この急増は、世界最大の資産運用会社であるBlackRockが、再申請されたビットコインETFの監視パートナーとしてCoinbaseを選んだことに続いています。

この暗号通貨と金融のクロスオーバーの注目の中で、Coinbaseの株価は過去1日間で約12%上昇しました。

BlackRockの再申請がCoinbaseの成長を促す

Nasdaqは7月3日に開示しましたが、世界的な資産管理機関であるBlackRockが、スポットビットコインETFの提案を更新し、Coinbaseとの「監視データ共有契約」に関する新たな詳細を取り入れました。

このニュースにより、市場は好感的な反応を示し、Coinbaseの株価は急上昇し、暗号通貨市場の風景において重要な日となりました。申請書の詳細には、先月NasdaqとCoinbaseの間で締結された合意が記載されています。

この協定は「取引所の市場監視プログラムを補完することを目的としており」、NasdaqにスポットBTCの取引データへのアクセスを提供します。報告書によると、BlackRockのビットコインETFが承認される場合、NasdaqはCoinbaseから得られたデータを活用して取引を監視することを期待しています。

特筆すべきは、米国における暗号通貨の規制環境が予測と期待の渦巻く場であることです。証券取引委員会(SEC)は、いくつかの先物ベースのETFを承認していますが、物理的なバックアップを持つスポットベースのETFはまだ承認されていません。

先週、Cboeの支援により、スポットBTCファンドを立ち上げるために複数の企業が再申請を行いました。これにはFidelity、WisdomTree、VanEck、Invescoなどが含まれており、すべてCoinbaseを監視データ共有のパートナーとしてリストアップしています。これにより、Coinbaseの重要な役割がさらに高まっています。

ETF Storeの社長であるNate Geraci氏は、スポットビットコインETFの開始により、以前のETFの開始記録を打ち破ると考えています。このような楽観的な業界の感情を考慮すると、Coinbaseのこの物語での重要な役割は確固たるものとなります。

COINが約12%急上昇

BlackRockの支持に応えて、Coinbaseの株価は過去1日間で約12%上昇しました。その結果、COINは現在80ドルをわずかに下回って取引されており、執筆時点では11.71%上昇しています。同社株は2023年初め以来、暗号通貨市場を上回るブルッシュトレンドを続けており、同期間で約50%以上の成長を遂げています。

特に、ビットコインやイーサリアムなどの大型暗号資産は、年初以来大幅に上昇しており、BTCは現在3万ドル以上で取引されており、昨日は一時的に3万1000ドルで取引されました。

一方、イーサリアムはBTCの動きに密接に追随し、1900ドルを超えました。現在、この資産は執筆時点で1952ドルで取引されており、2000ドルを超えることを目指しています。

シャッターストックからの注目の画像、TradingViewからのチャート