「バンクロプト後、CoinbaseはFTX Europeの買収を求めたと報告されている」

Coinbase reportedly sought to acquire FTX Europe after bankruptcy.

暗号通貨取引所のCoinbaseは、2022年11月に破産申請を行って以来、FTX Europeを2回にわたり買収しようと試みてきました。同社は、派生商品事業を海外に拡大することを期待していました。しかし、Coinbaseはこの取引を進めることを決定しないことにしました。Cointelegraphが報じています。

Fortuneの報道によると、Coinbaseは2022年11月と2023年9月の2回にわたり、FTXのヨーロッパの部門を買収することを模索しました。親会社の大幅な失敗の後、Coinbaseの広報担当者は次のように報告を確認しました:

「私たちは常にビジネスを戦略的に拡大し、世界中の多くのチームと会合を持つ機会を評価しています。」

Coinbaseのほかにも、FTX Europeに興味を持っているとされるのは、取引所のCrypto.comと暗号通貨企業のTrek Labsです。Fortuneによると、売却期限は9月24日まで延長されています。FTXはヨーロッパの部門の買収に約4億ドルを投じました。

FTX Europeは、キプロスの規制ライセンスの下で派生商品事業を展開していました。グループの崩壊時までに、パーペチュアル先物など、いくつかの人気のある派生商品を提供していた唯一の企業でした。派生商品は、Bitcoin(BTC)などの基礎資産から派生した価値を持つ金融商品です。オプション、先物、スワップなど、さまざまな種類の派生商品があります。投資家は、ヘッジ、レバレッジ、市場の予想に派生商品を使用します。トレーダーや機関投資家にとって人気のある投資戦略です。

この買収により、Coinbaseの手数料収入が増加する可能性があります。クリプトの派生商品取引は、熊市にもかかわらず増加しています。Coinbaseの最新の四半期決算報告によると、同取引所は2023年第2四半期に7億7000万ドルの収益を上げ、そのうち3億2700万ドルが現物取引からのものであり、前四半期から13%減少しています。

一方、中央集権型取引所でのグローバルな派生商品取引の取引高は、CCDataによると6月に13.7%増の2.13兆ドルに増加しました。6月における派生商品取引の最大の会場は、Binanceであり、取引高は1.21兆ドルであり、活動量は44.9%増加したOKX取引所が続きました。CME取引所でもBitcoin先物の取引量が急増し、月間で379億ドル、28.6%増加しました。

Coinbaseはアメリカの派生商品市場にも進出しています。今年8月、同社はCFTC(商品先物取引委員会)の規制承認を得て、アメリカの対象顧客に対してクリプトの先物投資を提供することができるようになりました。

Coinbaseによると、グローバルなクリプトの派生商品市場は、世界のクリプト取引の75%を占めています。https://t.co/wGPDb62dOH

— Cointelegraph (@Cointelegraph) August 16, 2023

この承認により、CoinbaseはCFTC規制の派生商品取引所であるFairXを通じてBitcoinとEther(ETH)の先物契約を導入することができるようになりました。Coinbaseは当時の発表で、グローバルなクリプトの派生商品市場は世界のクリプト取引のほぼ75%を占めており、「重要なトレーダーアクセスポイント」であると述べています。

雑誌:暗号通貨取引の中毒-注意すべきポイントと治療法