「Coinbaseは非米国投資家向けにスポット暗号通貨取引を発表」

「Coinbaseが海外投資家向けにスポット暗号通貨取引を発表」

コインベースは、水曜日に国際取引所で非米国投資家向けの現物取引を開始すると発表しました。これは同社のグローバル拡大の最新フェーズを示しています。

新しい始まり

12月14日(木曜日)から、非米国の機関投資家はUSDCステーブルコインとビットコイン、イーサリアムの取引が可能になります。

小売投資家は、後日現物取引に参加する機会が与えられ、コインベースの主な目標は「流動性を構築し、堅固な基盤を作ること」です。

さらに、同社は取引所に「新たな取引戦略を可能にし、資本効率を向上させる」追加の資産と機能を追加すると述べています。

規制上の障壁と課題

コインベースの発表は、暗号市場を巡る政策討議と執行措置の連続の真っ只中で行われました。これには、米国証券取引委員会(SEC)による6月の訴訟も含まれ、コインベースは未登録証券の提供に対して告訴されました。

訴訟では、コインベースはブローカー、クリアリング機関、国内清算取引所としての登録を行わず、2019年初頭から数多くの未登録証券を提供していたと主張されています。

「あなたがそれらを好きではない、または異なるルールを望むためにルールを無視することはできません。投資家への影響があまりにも大きいからです」とSEC執行部門のディレクターであるGurbir S. Grewal氏は発言しています。「コインベースの計算された決定は数十億ドルを稼ぐことができたかもしれませんが、それは投資家の保護を奪うことによって成し遂げました。」

しかし、コインベースは、米国の厳しい規制環境を、水曜日のニュース発表のブログ投稿で非米国の現物市場への推進材料として活用しました。

「我々は、米国の進化し不確実な規制環境により、一部の資産発行者と暗号コミュニティメンバーが米国の取引所と関係を持ちたがらないというためらいを認識しています」と、ブログ投稿には書かれています。「コインベースインターナショナルエクスチェンジは、参加者にとって信頼性があり、米国とは異なる規制対応の現物市場を提供します。」

成長のきっかけ

コインベースは、最初はバミューダの規制当局の支援を受けて、2023年5月に国際取引所を設立しました。

春の過去のブログ投稿で、同社は米国の規制環境に対する不満を表明し、米国の「執行による規制アプローチ」が「米国の暗号開発にとって失望すべき傾向になっている」と述べています。

ただし、米国の規制アプローチが会社の拡大のきっかけになりそうです。

コインベースは、「よりアクセスしやすい地球上のサーバーに配置することで、レイテンシの障壁を大幅に低減し、世界中の暗号ユーザーに最高の取引体験を提供する」と述べています。