コインベース、SolanaとAvalancheアルトコインの先物サポートを開始予定−最新情報はこちら

『コインベース、ソラナとアバランチアルトコインの先物取引をサポート予定−最新情報はこちら』

Source: Adobe / Rafael Henrique

暗号通貨取引所巨人Coinbaseは、月曜日に将来の2つの主要なオルトコインをリストすると発表しました。

CoinbaseはX(Twitter)で公式に発表し、Coinbase International ExchangeおよびCoinbase Advancedで「Solana(SOL)およびAvalanche(AVAX)の永続先物契約のサポートを追加する」と述べました。

発表によれば、流動性の状況に応じて、11月14日にSOL-PERPおよびAVAX-PERP市場が展開される予定です。

Perpetual Futuresは、トレーダーが基礎資産の価格変動を無期限に予測するためのデリバティブ契約の一種です。それらはアービトラージ、レバレッジ、ヘッジなど、トレーダーに数多くの利点をもたらします。ただし、過度なレバレッジ、清算、および価格変動のリスクも伴います。

Coinbase Advancedは、米国外の対象地域の顧客向けに、2021年10月に永続先物取引を開始しました。最初に公式発表されたのは、Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Litecoin(LTC)、およびRipple(XRP)の4つの契約です。

さらに、契約では最大5倍のレバレッジが提供され、Rippleでは最大3倍のレバレッジが提供されています。すべての永続先物契約はUSD Coin(USDC)ステーブルコインで決済されます。

「Coinbaseは暗号デリバティブに関する地元の規制を遵守しており、したがって、先進取引プラットフォームでの永続先物取引は特定の非米国地域のユーザーにのみ利用可能です」と取引所は述べています。

また、Coinbase International Exchangeは、バミューダ金融局から非米国顧客向けの永続先物提供の規制承認を受けました。

暗号市場の永続先物は最近、最も人気のあるデリバティブ契約の1つとなり、需要の増加を推進しています。

Laevitasのデータによると、2021年11月10日現在、世界の中央集権型取引所(CEX)の永続取引高は 1953 億ドルに達しました。最も多い取引高を誇るのは Coinbase の競合取引所 Binance で、次いで OKX 取引所が続いています。

Kaikoのリサーチアナリスト、Conor Ryder氏はBloombergに対して、ビットコインの永続先物取引高と現物取引高の比率が2年ぶりの最高水準に達していると述べました。彼はまた、業界用語で「perps」と呼ばれる永続契約は「期限が切れず、トレーダーに非常に人気があります」と付け加えました。

暗号取引所のBitMEXは2016年に最初に永続契約を導入しました。そのシンプルさから、当初は個人投資家に人気を博し、多くの取引所が独自の永続契約をBitMEXに続いて導入しました。