「Coinbaseは、小売ユーザー向けの暗号通貨永続先物をリストするためのライセンスを確保しました」

Coinbase has obtained a license to list perpetual futures for retail users.

バミューダ通貨監督庁(BMA)から付与されたFクラスライセンスを保有するCoinbase International Exchangeは、さらなる規制承認を取得したことを公表しました。この認可により、Coinbaseはアメリカ国外の小売顧客に対して永続的な先物取引サービスを提供することができるようになりました。

これはCoinbaseが国際市場での存在感を拡大する意欲の表れです。今年の2023年5月、同社は機関投資家向けの暗号デリバティブサービスを提供するためにCoinbase Internationalを発表しました。

永続的な先物取引は、期限切れなしに連続的に運営されるデリバティブ市場です。Coinbaseは公表で「『Go Broad, Go Deep』戦略の第IIフェーズで発表したように、私たちは高い基準を持つグローバルな規制当局と提携し、暗号技術が常にイノベーションを推進できる暗号規制フレームワークを構築することに専念しています」と述べています。

最新の規制承認を取得することにより、CoinbaseはCoinbase Advancedプラットフォーム上で規制された永続的な先物契約へのアクセスを対象顧客に提供することができます。Coinbase Bermudaは、BMAが規制を行っているCoinbaseの永続的な先物取引口座を管理しています。

仮想通貨取引所は発表で、デリバティブ市場が仮想通貨取引量の約75%を占めていると述べています。この最新の規制承認は、小売トレーダーが主に機関投資家が担ってきた暗号デリバティブ市場に参入できるようにすることを目的としています。

さらに、Coinbaseは市場メイキング活動には参加していないことを強調しています。信頼性のある独立した流動性プロバイダーが厳格なコンプライアンス評価を受けた上でプラットフォーム上で流動性を提供します。

Coinbaseがデリバティブ市場へのアクセスを提供

Coinbaseは、そのプラットフォームが小売トレーダーにとって安全かつ熟練したデリバティブ市場への入り口を提供していると主張しています。Coinbase International Exchangeへのアクセスは特定の国の非米国顧客に制限されています。また、利用者はCoinbase Advanced取引口座を開設する前に資格評価を受ける必要があります。

この最新の承認に先立ち、Coinbase Internationalはアメリカの適格な機関投資家に対して暗号デリバティブ投資を提供するために全米先物協会(NFA)の承認を受けました。

証券取引委員会(SEC)からの規制課題に直面しているにもかかわらず、Coinbaseは米国以外の地域における存在感を拡大し続けています。SECは6月初めにCoinbaseに対して、未登録証券の販売に関連する地元の証券法の違反を指摘した訴訟を提起しました。

最近、仮想通貨取引所のCoinbaseはスペインでの運営ライセンスも取得しました。