Coinbaseは、SECによる訴訟を根拠不足により却下するよう申し立てます

  • Coinbaseは、SECが同じデジタル資産を上場させ、後に登録されていない証券であると主張したと非難しています。
  • Coinbaseの訴訟は、BinanceがSECの不正行為を主張する動議が却下された後の数日間に行われました。
  • Coinbaseの最高法務責任者は、取引所がいかなる規制当局とも対話する準備ができていると主張しています。

Coinbase Global Inc. (NASDAQ: COIN)は、米国南部地区のニューヨーク連邦地方裁判所に提出された請求書において、証券取引委員会(SEC)の告発を根拠不十分で却下するよう求めています。

取引所は、SECが2021年5月にCoinbaseが上場する計画を受け入れた際、ステーキングやリスティングを含むすべての運営についてSECが認識していたと主張しています。

Coinbaseは177ページの文書で述べているとおり、SECの告発は、取引所で取引されている12の仮想通貨トークンのうち、12が証券であるという主張に基づいています。しかし興味深いことに、SECがCoinbaseに上場を許可した際、そのうちの6つのデジタル資産が既に取引されていました。Coinbaseは、当時SECはいかなる仮想通貨資産も証券と分類していなかったため、法的な主張は即座に放棄されるべきだと主張しています。

仲裁の準備ができています

カリフォルニアのユーザーとの仲裁を求める動きと似ていると思われるが、最高裁判所によって認められたCoinbaseは、SECを含むいかなる規制機関とも話し合いをする準備ができていると述べています。

私たちは、SECを含むいかなる規制機関とも常時対話を歓迎し、新たな立法と規制策定が正しい道筋であると信じています。しかし、この事件における主張は、既存の法律を超えており、却下されるべきです。 2/2 https://t.co/3CID7vYURP

— paulgrewal.eth (@iampaulgrewal) June 29, 2023

Coinbaseはまた、議会が必要な立法を通過していないため、SECには発展途上の仮想通貨業界を監督する権限がないと主張しています。

さらに、Coinbaseは、仮想通貨市場を規制するために議会が新たな立法を制定しなければならないと主張しています。なぜなら、それは世界的な新興経済であり、欧州、中国、シンガポールなどの既に明確な仮想通貨の立法を実施している地域に対して技術的な優位性を失うリスクがあるからです。