Coinbaseは、ブロックチェーンのステーブルコイン決済を通じて直接入金システムを近代化することを目指しています

Coinbaseは、従来のACH預金ではなく、ブロックチェーンベースのステーブルコイン決済を使用して直接預金システムを近代化したいと述べています。

Coinbaseのシニアソフトウェアエンジニアであるユーガ・コーラーによるブログ投稿によれば、同社の目標は、消費者の権利とセキュリティに焦点を当て、金融システムを更新し、暗号通貨の採用を世界的に促進することです。

Coinbaseは、現行の米国の直接預金システムであるAutomated Clearing House(ACH)が多くの問題を抱えており、複数の関係者と複雑なプロセスの関与があるため、効率性が低くなっていると述べています。

これにより、遅延や標準化の欠如が生じると同時に、Coinbaseは、USDCなどの米ドルにペッグされたトークンを使用したブロックチェーンベースのステーブルコイン決済がこれらの問題に対処できると信じています。

中間業者を介さないより速い取引

まず第一に、ブロックチェーン上での取引決済は、従来のACHシステムに比べてより迅速な確認時間を提供できるということです。ACHシステムでは1〜2営業日かかる場合があります。

さらに、ブロックチェーンベースの決済は、発信デポジタリー金融機関(ODFIs)や受信デポジタリー金融機関(RDFIs)などの仲介業者の必要性を排除すると、ブログ投稿で説明されています。

このアプローチにより、ユーザーは自身の資産を完全に制御できると述べています。

セキュリティ面では、Coinbaseは分散化や暗号化などのブロックチェーン技術の利点を強調し、ステーブルコイン決済が「ACH取引と同様のセキュリティ保証を提供する」と指摘しています。

さらに、Coinbaseは、ブロックチェーンベースの直接預金システムが「より迅速な確認時間、著しいコスト削減、価格変動の最小化」を提供し、中間業者を排除すると述べています。

ブログ投稿は次のように結論付けています。「[…]消費者の権利とセキュリティを優先することで、効率的なだけでなく、経済的な自由と機会を個人や企業に与える未来を育てることができます」。