CoinbaseのLayer-2ネットワークベースは、一般公開前に開発者向けのメインネットを公開しました

CoinbaseのLayer-2ネットワークベースは、開発者向けのメインネットを公開しました

最新の動向として、Coinbaseは開発者向けのLayer-2スケーラビリティプラットフォームであるBaseのメインネットを発表しました。このリリースは、Coinbase Baseのパブリックローンチの直前であり、来月の8月初旬に予定されています。

今年の2月に、CoinbaseはBaseのテストネットバージョンを発表しました。この開発者メインネットのリリースにより、Baseネットワーク上でのアプリケーションの展開が可能になります。

Coinbase Baseは、Ethereum Layer 2テクノロジーを基にしたネットワークです。これは、オンチェーンのソリューションを作成するための、費用効果の高いかつ安全なプラットフォームを開発者に提供します。Optimismとのパートナーシップで開発され、OP Stack上に存在するBaseは、ロールアップネットワークとして機能します。このセカンダリレイヤーはオフチェーンの計算を実行し、より高速かつ手頃なトランザクションを可能にしますが、同時にEthereumメインネットのセキュリティ機能も活用します。

メインネットのローンチに向けて、BaseのコアチームはネットワークとOptimism Protocol Stack(OP Stack)の安全性を向上させるため、内部および外部で徹底的なセキュリティ監査を実施しました。チームによると、これにはCoinbaseのプロトコル専門家と100人以上の外部セキュリティ研究者との協力が含まれています。

Baseメインネットは、現在利用可能なさまざまな開発者向けツールを提供しています。これらのツールには、Blockdaemon、QuickNode、Blastなどのノードプロバイダー、安全なストレージのためのSafe Wallet、EtherscanやBlockscoutなどのブロックエクスプローラ、The GraphやCovalentなどのデータインデクサが含まれます。

Coinbase Baseメインネットの詳細