CoinbaseのCEOであるブライアン・アームストロングが、暗号通貨の立法に関する話し合いのために下院民主党議員との会談を行う予定です

CoinbaseのCEOであるブライアン・アームストロングが、暗号通貨の立法に関する会談を行う予定です

出典: 動画スクリーンショット、Youtube、a16z

CoinbaseのCEOブライアン・アームストロングは、クローズドドアの会議で民主党の議員と暗号通貨の規制について話し合う予定です。

この会議は、ニューデモクラット連盟によって主催され、税金、国家安全保障、プライバシー、気候など、暗号通貨の立法に関する議論に焦点を当てると報じられています(民主党の関係者の話による)。

この会議は水曜日に予定されています。

ニューデモクラット連盟は、革新的かつ包括的な政策を促進するために協力する100人の中道左派のメンバーで構成されています。

アームストロング氏の暗号通貨プラットフォームであるCoinbaseは、暗号通貨業界のより明確な規制を求めています。

昨年7月、CoinbaseはSECに対して、証券法が暗号通貨にどのように適用されるかを説明する規制を作成し、公衆の意見を聞くための公式な通知とコメントのプロセスに参加するよう求める請願を提出しました。

この最大の米国拠点の暗号通貨取引所は、今年3月にも機関に対してコメントを提出し、SECのステーキングサービスに対する見解についてより明確さを求めました。

さらに、Coinbaseは今年4月にフィラデルフィアの連邦控訴裁判所に訴訟を起こし、未登録の証券をリストに掲載することを理由に機関が同社に対して執行措置を開始しようとしていると主張しました。

SECがCoinbaseに証券法違反を非難

Coinbaseは現在、米国のSECから訴訟を受けており、証券取引所として登録することを要求する規制に違反していると非難されています。

Coinbaseはこれらの主張を否定し、SECの訴訟を却下することを求めています。

取引所は一貫して、SECが適切な方法を提供していないために適切な取引プラットフォームとして登録することができないと主張してきました。

しかし、最近、SECはCoinbaseが一部の暗号通貨をリストする際に潜在的な証券の違反に気付いていたと主張しました。

証券取引委員会の弁護士たちは、Coinbaseが連邦証券法違反を知らなかったとするCoinbaseの主張に対して厳しく批判し、最大の米国拠点の暗号通貨取引所が高度な法的顧問に助言を受けていると指摘しました。

「Coinbaseは、高度な法的顧問に助言を受けている数十億ドルの企業でありながら、自社の行動が連邦証券法に違反するリスクを冒していることを知らなかったと主張し、Coinbaseの登録声明を2021年に承認したことでSECがCoinbaseの事業活動の合法性を確認したと主張しています」とSECの弁護士たちは、ニューヨーク南部地区裁判所のキャサリン・ポーク・ファイラ判事に書いています。

それにもかかわらず、Coinbaseの株価は過去数日間、いくつかの良いニュースの流入に伴って上昇しています。

まず第一に、同取引所は、ブラックロックやフィデリティなどの巨大企業を含む米国のいくつかのスポットビットコインETF申請者の監視共有パートナーとしてリストされました。

さらに、暗号通貨業界は、連邦裁判所がXRPの継続的な訴訟でリップルに有利な判決を下したことにより、SECに対して勝利を収めました。この判決では、取引所でXRPを販売すること自体が投資契約を構成しないとされています。