CoCreateは、Shopify上でWeb3ロイヤリティアプリをリリースしました

CoCreateは、ShopifyでWeb3ロイヤリティアプリをリリースしました

Web3インフラストラクチャー企業Co:Createは、電子商取引大手のShopify上でアプリケーションを展開し、数百万のビジネスがプラットフォーム上でブロックチェーンベースの忠誠度とリワードプログラムを実装できるようにしています。

EthereumサイドチェーンのPolygonを活用したWeb3 Rewards Toolsアプリケーションは、非交換性トークン(NFT)とゲーム化された体験を通じて、ブランドが顧客とより深いつながりを築くのを支援することを目指しています。ブランドはトークンベースのリワードを発行するだけでなく、独自のNFTコレクションや既存のプロジェクト(例:Bored Ape Yacht ClubやCryptoPunksなど)とのトークンゲート製品をリリースすることもできます。

Co:CreateのCEO兼共同創業者であるTara FungはCoinDeskに対して、商取引はブランドの背後にあるコミュニティを巻き込むための重要なメカニズムであり、Web3は商人が忠実な顧客にデジタル所有権を提供するための技術を提供していると語りました。

「私たちは、最も革新的なコミュニティ志向のブランドが成長し、報酬を与え、コミュニティとの関係を築くのを支援するアシスタントシステムを構築しています」とFungは述べています。「そしてそれがShopifyアプリが存在する場所です。」

彼女はまた、商取引はスタートアップや新しいブランドがオーディエンスを構築し、コミュニティと関わるための手助けになると指摘しました。一方、大手ブランドはWeb3の活動を展開しているわけではありません。

「ブランドの関与の未来と実際に興奮し、支持を与えたいと思っている最もエキサイティングなブランドは、しばしば非常にオーセンティックな小規模ブランドです」とFungは述べています。「これらのブランドは、Web3を単なるマーケティング手法として利用するのではなく、より深くコミュニティと関わりたいと思うでしょう。」

Co:Createのアプリケーションは、より多くのブランドをWeb3リワードエコシステムに参入させることを目的としていますが、これに先駆けた事例も存在します。今年3月、AvalancheベースのコミュニティエンゲージメントプラットフォームであるTry Your Best(TYB)が、Shopifyアプリストアにアプリケーションをリリースし、ブランドがNFTベースのリワードプログラムを店舗に導入できるようにしました。

商取引に加えて、Co:Createはファンを個人や好きなブランドに近づけることを目指しています。先月、Co:CreateはチケットアプリケーションのEVNTZと提携し、アイルランドのスレード城で行われたポップシンガーHarry Stylesのコンサートの参加者に対して、ブロックチェーンベースのリワードを発行しました。

詳細はこちら: ロイヤリティ、メンバーシップ、チケティング:NFTがもたらす大規模採用