CleanSparkの最新アップデートによれば、手数料が増加したことにより、BTCの採掘量が大幅に増加しました

米国の上場ビットコインマイニング企業であるCleanSpark社は、2023年5月のビットコインマイニングおよびオペレーションのアップデートを公開し、ビットコイン保有量と収益の両方で大きな成長を示したことが明らかになりました。同社のビットコイン保有量は5月に44%増加し、合計451 BTCに達しました。その月にマイニングされたビットコインは16%増加し、609 BTCに達しました。

CleanSparkのCEOであるザック・ブラッドフォード氏は、同社の業績に満足しており、「当社の金庫の中にあるビットコインの量を増やし続けるだけでなく、当社の会計年度の売上高も1億ドルを超えました。」と述べました。

ブラッドフォード氏は、高いビットコイン生産量を増加したオペレーショナル効率と、ブロックチェーン上のOrdinalsへの関心の高まりによる一時的なトランザクション手数料の急増に帰因しています。この期間中、CleanSparkの1日あたりのビットコイン生産量は通常の倍近くの約30 BTCに達しました。

オペレーションの更新に関しては、CleanSparkのワシントン州での50MWの拡張計画が予定通り進行しており、施設は6月末までに完全に稼働する予定です。Sandersvilleのサイト拡張も進行中であり、CleanSparkのマイニングオペレーションに6 EH/s以上が追加される準備がされています。

成長とオペレーションを資金調達するため、CleanSpark社は5月に471ビットコインを売却し、約1290万ドルの収益を上げました。同社は現在、最新世代のビットコインマイナー約67,196台を運用し、合計ハッシュレートは6.7 EH/sです。

CleanSpark社は、ビットコインマイニング能力を拡大し、市場機会を活用することにコミットしており、強い業績と増加するビットコイン保有量により、今後の業界での成長に向けて十分にポジショニングしていると述べています。