CleanSparkが2つのBitcoinマイニングキャンパスを930万ドルで購入

クリーンスパークは、2つのビットコイン(BTC)マイニング施設を930万ドルの現金取引により取得し、アメリカで積極的なインフラ拡大を進めています。

6月21日の発表によると、クリーンスパークが購入する2つの施設は、ジョージア州ダルトンにあるターンキーのビットコインマイニングキャンパスです。ターンキーマイニングとは、組み立てられ、構成され、最適化されたビットコインマイニングリグをマイニングファームで使用するために購入することができることを意味します。

施設には、6,000台以上のAntminer S19 XPsとS19J Pro+sがあり、取引完了後にCleanSparkのハッシュレートに約1 exahash per second(EH/s)が追加されると予想されています。CleanSparkのCEOであるZach Bradfordによると、新しく取得したインフラストラクチャにより、同社は年末までに16 EH/sの目標を達成することができます。

この買収は、BTCマイニングの収益性が熊市で低下しているにもかかわらず、最近CleanSparkが行ったいくつかの買収の一部です。4月には、同社が1億4490万ドルで45,000台のAntminer S19 XPリグを購入し、6.4 EH/sのマイニングパワーを追加することが予想されています。

2月には、CleanSparkはポートフォリオに20,000台の新しいAntminer S19j Pro+ユニットを4360万ドルで追加し、追加の2.44 EH/sをそのコンピューティングパワーにもたらすと発表しました。数週間前、同社はジョージアの施設で1,5000台の新しいリグを導入する1600万ドルの拡張を発表しました。

現在の時点で、Bitcoinマイニングの収益性は、Hashrate Indexのデータによると、1 TH/sあたりの1日あたりの収益が0.066ドルに低下しています。これは、2019年6月のピークの0.40ドルから低下したものです。

急速なマイナーの拡大により、CleanSparkは、2024年4月から5月の間に予想される次のビットコインハルビングに備えて、十分な位置にあると予想しています。次のハルビングでは、ビットコインのブロック報酬が3.125 BTCに削減されます。

ビットコインの価格は、ハルビング後に歴史的に急騰しており、供給が減少する一方で需要は一般的に安定しているためです。「現在の市場状況で作成された機会を活用し、来年のビットコインハルビングに備え続けています」と、CleanSparkの最高財務責任者であるGary Vecchiarelliは語っています。

記事:ビットコインは「ネットゼロ」の約束と衝突する道にある