CleanSparkは、2つのBitcoinマイニング施設を930万ドルで取得しました

  • CleanSparkは、今週2つのBitcoinマイニング施設の現金取引である930万ドルの取引を完了する予定です。
  • ジョージア州ダルトンにあるこれらの施設は、6,000台のAntminer S19 XPsおよびS19J Pro+リグをホストします。
  • CleanSparkのCEOであるZach Bradford氏は、この取引により、年末のハッシュレート目標である16 EH/sを達成することができると述べています。

世界最大のBitcoinマイニング企業の1つであるCleanSpark(NASDAQ:CLSK)は、ジョージア州ダルトンにある2つのBTCマイニングキャンパスを買収することを発表しました。

同社はプレスリリースで、2つのキャンパスを現金取引で930万ドルで買収することを確定したと述べており、この取引は今週後半に完了すると予想されています。

CleanSpark、年末までに16 EH/sの目標を設定

このマイナーによると、2つのキャンパスには6,000台以上のAntminer S19 XPsおよびS19J Pro+が設置され、マイニング大手はハッシュレートに約1 EH/sを追加することになります。

「この買収により、私たちは年末の16 EH/sの目標に到達するためのインフラが十分にあることが保証されます。また、エネルギーあたりのハッシュレートに基づいて、最もエネルギー効率の高いマイナーの1つとしての位置づけも継続されます」とCleanSparkのCEOであるZach Bradford氏は声明で述べています。

CleanSparkの最新の買収は、過去数か月間に確保された複数の以前の買収に加わります。同社は、2月に4360万ドルで2万台のAntminer S19j Pro+マシンを購入した後、4月に1億4490万ドル相当の45,000台のAntminer S19 XPユニットを追加しました。5月には、12,500台のAntminer S19 XPリグを購入しました。

水曜日の株価は4.86ドルで、当日10%の上昇率を記録しました。この暗号通貨株は2023年には140%以上上昇し、アナリストたちは12ドルに達すると予想しています。