CircleのCEOが中国でのCBDCの代わりに人民元を裏付けとしたステーブルコインを提唱

'Circle's CEO proposes a stablecoin backed by the Chinese yuan instead of a CBDC in China.'

最近、ステーブルコインの発行者であるCircle Financialの共同創設者兼CEO、ジェレミー・アレアは、中国当局に対して、人民元に裏付けられたステーブルコインを中央銀行デジタル通貨(CBDC)の代替手段として検討するよう促しています。アレアCEOの提案は、中国が自身のCBDCであるデジタル元を開発する取り組みが続く中で行われました。

サウスチャイナモーニングポストとのインタビューで、Circleのトップは、人民元に裏付けられたステーブルコインが中国の国際貿易と商業における潜在的な利益を強調しました。彼は、中国政府が人民元を世界中で広く使用することを目指すのであれば、ステーブルコインがその目標を達成するための道かもしれないと強調しました。ステーブルコインとCBDCは相補的である一方、彼はステーブルコインが中央銀行発行の仮想通貨に比べて独自の利点を提供すると考えています。

彼はインタビューで、「最終的に、中国政府がRMBを世界中の貿易と商業でより自由に使用したいと思うなら、中央銀行デジタル通貨よりもステーブルコインがその道かもしれない」と述べました。

CircleのCEOはさらに、この種の仮想通貨は、フィアット通貨の安定性と親しみやすさを保ちながら、デジタルアセットの利点を活用するという利点があると強調しました。人民元にペッグされたステーブルコインを使用することで、中国は自国の通貨の国際的な使用可能性を向上させ、シームレスな国境を越えた取引を容易にすることができるでしょう。

人民元の自由な交換性に対する中国の厳格な政策がステーブルコインの採用を妨げる可能性がある

アレアの提案は代替手段を示していますが、中国でステーブルコインを採用する際に関連する潜在的な課題を考慮することが重要です。中国は経済政策の一環として厳格な資本規制や人民元の交換性の制限を実施しています。専門家は、中国は既存のルールと制約を維持することを好む可能性があり、通貨の完全な交換性を追求するためには貿易決済構造に大幅な変更が必要となるため、より実現可能な方法として、コモディティを輸出する国との取引で人民元の使用を増やすなどの段階的な措置をとることができると指摘しています。

さらに、アレアの提案はステーブルコインとCBDCが相補的であることを認識しています。彼は、中央銀行がブロックチェーン技術を利用するためにシステムをアップグレードすれば、多くの利点をもたらす可能性があると強調しました。ただし、彼はまた、私企業がパブリックインターネット上で革新を行う一方で、中央銀行がCBDCを開発する役割との違いを強調しました。

彼は、「中央銀行が自らのシステムを旧来の技術からより現代的な分散台帳技術に移行するのであれば、それは素晴らしいことです。それにはたくさんの有用な要素がありますが、私はそれを私企業がパブリックインターネット上で革新を行う作業とは非常に異なるものと見ています」と述べています。

CircleのCEOは香港のWeb3技術に対して楽観的な姿勢を維持しています

中国はCBDCの開発において先駆的な立場にあり、デジタル元の試験とパイロットプログラムが進行中です。政府は集中型のデジタル通貨を創造することで、金融包摂性を向上させ、支払い効率を向上させ、規制の監督を強化することを目指しています。

中国は2021年に国民に対して暗号通貨関連の活動、取引や採掘などを含むすべての暗号通貨産業に関与することを禁止しました。アレアは、中国本土が新興経済に対して立場を維持し、デジタルアセットへの市場開放の意欲を示さない一方で、香港におけるWeb3技術の発展に対して楽観的な姿勢を維持しています。彼はまた、香港がステーブルコインの規制を調整するための地域通貨の努力を評価しました。