サークルは、SVB政府の救済措置に支援されたトップ預金者であった:ブルームバーグ

シリコンバレー銀行の政府裏付け保証によって支援された最大の預金者は、USDCステーブルコイン発行者のサークルであったことが、ブルームバーグが閲覧した連邦預金保険公社(FDIC)の文書によって明らかになった。

銀行が3月に崩壊した後、規制当局は債権者を保護するために介入しました。彼らは、信頼を回復し、経済を支援するためにこの措置が必要であると主張しましたが、政府が金融家たちが過度なリスクを取ることを実質的に許可しているかどうかについての論争を再燃させました。

サークル・インターネット・ファイナンシャルは、当時銀行に33億ドルの保有があったと述べ、FDICがブルームバーグに送った情報公開法に基づく文書によれば、商業上機密情報を非公開にすることなく誤って公開されたものと思われる。その後、銀行の露出が3月に明らかになった後、サークルは一時的にドルから切り離されたが、回復した。同社の最高経営責任者ジェレミー・アライアは、4月のコンセンサス会議で、同社が事件以降、インフラを強化したと語った。

ブルームバーグによると、FDIC、シリコンバレー銀行の親会社であるシーコイア、そしてサークルは文書についてコメントを拒否した。Kocooからのコメント依頼に対して、サークルは直ちに返答しなかった。

編集:Nelson Wang。