「サークル、Binanceに対するSECの訴訟に介入し、ステーブルコインの規制状況を擁護する」

Circle intervenes in SEC lawsuit against Binance to defend the regulatory status of stablecoins.

最近の動向として、名だたるステーブルコイン発行会社であるサークルが米国証券取引委員会(SEC)のバイナンスに対する訴訟に介入し、ステーブルコインを有価証券として分類すべきではないと主張しています。

サークルがステーブルコインを通じてバイナンスを擁護

サークルの主張の核心は、金融取引法が他の資産に内在的に結びついたステーブルコインにまで適用されるべきではないということです。この介入は、SECがバイナンスをソラナのSOL、カルダノのADA、およびバイナンスのステーブルコインBUSDの取引に関連する複数の法的違反で告発した際に行われました。SECはこれらの通貨が登録されていない有価証券であると主張しています。

サークルは最近の提出書類で、BUSDやUSDCなどの決済ステーブルコインは投資契約の本質的な特徴を備えていないため、SECの管轄下には置かれるべきではないと強調しました。要するに、サークルは、これらのステーブルコインの性質は取引を促進し、安定した価値を維持することを主な目的としており、これが従来の有価証券とは異なる点だと主張しています。

サークルの主張の中心にあるのは、決済ステーブルコインの利用者が利益を得ることを期待してそれらを購入していないという考えです。これらのデジタル資産は主に支払い手段として使用され、米ドルのデジタル表現と同様の役割を果たしています。

一方、将来の利益を期待して購入される従来の有価証券とは異なり、ステーブルコインの取引は本質的に異なるものです。サークルの提出書類によれば、「売り手の売却後の約束や義務から切り離された資産売却は、投資契約を確立するには十分ではない」とのことです。

SECの告発とバイナンスの反論

SECの訴訟は、BUSDが投資契約として販売されたという主張に基づいています。主に、バイナンスが報酬プログラムを通じて利回りを提供すると宣伝していたためです。この主張により、ステーブルコインが単に利回りを生み出す活動と結び付いているだけである場合に自動的に有価証券と分類されるのかという疑問が生じます。

バイナンスおよび米国子会社、オーナーのチャンペン・ジャオは、SECの告発に強く反論し、訴訟を却下するよう求める動議を提出しました。バイナンスは、必要な議会の許可なしにデジタル資産を制御しようとしているとして、SECが試みていると主張しています。

バイナンスとSECの間のこの法的闘争は、暗号通貨業界で最も重要な事件の一つであり、Coinbase Global Inc(NASDAQ:COIN)などの競合取引所にも影響を及ぼします。Coinbaseは、暗号通貨が既存の厳しい米国の金融規制の対象外であると主張しています。

サークルの友人としての参加(amicus curiae)は、この論争に重要な意見を加えます。サークルの最高法務責任者であるヒース・ターバートは、以前にもバイナンスを訴えている連邦規制機関である商品先物取引委員会(CFTC)の委員長を務めた経験を持ち、この取り組みを主導しています。

サークルのSEC訴訟への介入は、暗号通貨の規制に関する進行中の論争に重要な視点を加えます。特にステーブルコインに関する正確で明確な規制の境界が求められていることを強調しています。