サークルはアジアでの拡大を検討し、ステーブルコインの発行において日本市場を注視しています

米ドルにリンクされたステーブルコインであるUSDC(USDコイン)を発行する会社であるCircleは、アジアでの存在感を強めることに興味を持っています。同社の共同創設者兼CEOであるジェレミー・アレアは、6月に日本を訪れた後、日本でのステーブルコインの発行を検討しています。

アレアの日本に対する関心は、日本がステーブルコインの利用と運営を認める法律を実施した後に生まれました。彼は、ステーブルコインが国際的なクロスボーダートレードで広く採用されれば、日本がデジタル資産の主要な市場になる可能性があると考えています。特に、新しいステーブルコインの規制は、すでに日本を他の多くの国よりも先行させているためです。

Japan Posts Englishとのインタビューで、アレアは次のように述べています:

「グローバル企業として、世界中の大きな市場で成長したいと考えています。USDCはすでに190か国で利用されています。日本はクロスボーダートレード、外貨取引、グローバルな商業の長い歴史を持っています。このような目的でステーブルコインがより広く使用されるようになれば、日本は非常に大きな市場になると考えています。」

日本は世界の主要な経済国の中で、ステーブルコインの利用を規制する明確な法律を持つ最初の国です。この法律によれば、国内のステーブルコインは日本円または他の主要な通貨にペッグされ、保有者に対して額面価値での償還を保証する必要があります。法律では、信頼できるライセンスを持つエージェントのみがステーブルコインを発行することが許可されています。これには、国内でライセンスを取得した銀行や登録された送金エージェントが含まれます。

日本の法律で定められた厳しい規則に従わなければならないため、同社はパートナーシップに関心を持っています。アレアは、日本政府の動きを重要なものと見なし、彼の会社がデジタル金融システムの目標に向けて連携するドアを開いていると考えています。

Circleは多くの地域におけるステーブルコインサービスを拡大し続けています

Circleは、米国の規制されたデジタル資産および送金会社です。同社は最近、シンガポールで登録および規制された送金会社として、デジタル通貨を発行し国境を越えて送金することができるようになりました。また、デジタル資産プロバイダーとしての認可を得るために、ヨーロッパでも活動しています。日本市場への関心は、明らかに世界中の多くの国にサービスを広げるための大規模な動きの一部です。

同社はUSDCを持っているにもかかわらず、CEOは円にリンクしたステーブルコインが新たな機会を提供すると考えています。同社は成長を続け、デジタル金融システムの成長を促進するために必要な金融インフラを提供し続けることを目指しています。

日本の他の金融機関もステーブルコインの利用に興味を示しています。その一つが三菱UFJトラストです。同社は自社のステーブルコインプラットフォームであるProgmatを立ち上げる意向を発表しました。興味を持っている組織は、そこで自社のステーブルコインを発行できます。MUFJは自社のステーブルコインを作成する計画を発表していませんが、この動きにより他の機関が容易にステーブルコインを作成できるようになります。