Circle CEO、ビットコインETFの承認を市場が成熟するにつれて予想

シンクタンクCircleのCEOであるJeremy Allaire氏は、市場が成熟し、懸念事項が解決されるにつれて、米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETFの申請を承認する可能性があると述べました。Allaire氏は、世界経済フォーラムでのBloombergとのインタビューの中で、このように述べました。

ビットコインETFの説明

ビットコインETFは、直接所有または保管することなく、投資家がビットコインでポートフォリオを分散させることができるようにするものです。この製品は、暗号市場にさらなる流動性、透明性、規制監督を提供し、採用と正当性を高める可能性があります。

ビットコインETFは、暗号産業で長らく待ち望まれている製品ですが、SECはこれらの承認に消極的でした。規制当局は、ビットコインの保管と取引プラットフォームの信頼性とセキュリティに疑念を表明しました。ビットコイン市場での詐欺や操作についても懸念を表明しています。

2013年に最初の申請が出されて以来、SECはビットコインを追跡する製品のすべての申請を拒否してきました。しかし、2021年には、ビットコインに重大な露出を持つ株式を追跡する能動型ファンドが承認されました。また、最初の米国のビットコイン先物ETFも承認されました。これは、SECが暗号関連製品に対して開放的である可能性があると示唆していますが、一定の基準を満たす必要があるということです。

「成熟したスポット市場、規制された保管インフラ、良好な市場監視がある」とAllaire氏は述べました。必要な市場構造を整えるための進展があるとAllaire氏は指摘し、規制当局に申請する際に重要な承認を得るのに役立つと信じています。

新しい申請の波

先週、ブラックロック社がスポットビットコインETFの申請を提出し、ビットコイン価格を上昇させました。その結果、WisdomTree、Invesco、Bitwiseなどの主要な投資会社も、以前に拒否されたビットコイン追跡製品の申請を再提出しました。

これらの企業は、ビットコイン市場が十分に成熟しているため、これらの製品をサポートすることができると主張しています。また、ビットコインに露出したいが、技術的な複雑さやリスクに対処する必要がない投資家にとって、このような製品はいくつかの利点を提供すると述べています。

最近、レバレッジビットコイン先物ETFが承認されたにもかかわらず、スポットビットコインETFが近い将来承認されるかどうかはまだ不明です。承認されれば、暗号産業と投資家の両方にとってゲームチェンジャーになる可能性があります。