サイファースケール社は、1億ドル相当の価値を持つ37,000台のBitmain Antminerを使用したBTCマイニングオペレーションを拡大中です

「サイファースケール社では、現在ビットコインマイニングのオペレーションを拡大中です同社はBitmain Antminer 37,000台を導入し、1億ドル相当の価値を持つハイスケールなマイニングを行っています」

出典: Adobe/Photocreo Bednarek

NASDAQ上場のBitcoinマイニング会社Cipher Mining Inc.は、最新のBitmain Antminer T21シリーズの37,396台を購入したことを発表しました。

同社はプレスリリースで発表し、この購入額は約9950万ドルに相当することを明らかにしました。

これらの最先端のマイナーの価値について、Cipher Miningは各マイナーが7.1 EH/sの自己マイニング能力を持っていると説明しています。マイナーのフリートは2025年上半期に納入される予定です。

さらに、同社はBitmain社との間で追加のAntminer 45,706台(8.7 EH/s相当)の購入オプションを確保していることも開示しました。この最新のマイナーのフリートは2024年に納入されます。

Cipher MiningのCEOであるTyler Pageは、Bitcoinマイニング事業の拡大は同社の目標である2025年までに新たに取得したBlack Pearlサイトに165メガワット時(MWh)の施設を設立するという目標と一致していると強調しました。

Pageは、Cipherのカスタムソフトウェアと運用スタック、ERCOT市場の魅力的な価格動向により、T21シリーズのマイナーを使用して利益を最大化することができると述べました。

彼はまた、Bitmain Antminerの大量投資は非常に安価な価格で行われているために促進されており、Cipherはマイニングリグの価格を非常に魅力的な「14ドル/TH」と確保することができたと共有しました。これにより、来年に予想されるBitcoinの上昇相場に資本を投入しやすくなります。

Cipher Miningは2023年初めから潜在的なBitcoinの上昇相場に向けて戦略的に立ち位置を固めてきました。

同社は第1四半期に、Canaanから1万1,000台のマイニングリグを購入する契約を締結しました。この契約により、自己マイニング能力6 EH/sを持つ総計72,000台以上のマイニングリグを保有することとなりました。

同社は2021年に20億ドルの合併取引を通じて上場し、2023年11月には7億ドルでテキサスのマイニングサイトを取得しました。このサイトは2025年までに稼働する予定であり、Cipher Miningの総容量は300 MWhに拡大されます。

TetherもBitcoinマイニングに注目

USDTステーブルコインの有力発行体であるTetherは、Bloombergの報道によればBitcoinマイニングの領域にも進出しており、5億ドルの相当額を投資して3年間のマイニング計画を立てています。

このステーブルコインメーカーによれば、資金は仮想通貨マイニングサイトの構築とマイニングオペレーションへの出資に充てられるとのことです。

Tetherの新しく任命されたCEOであるPaolo Ardoinoは、企業の次なる焦点が暗号通貨エコシステムであるBitcoinインフラストラクチャのサポートに進化していると述べています。

会社の焦点は、証明書のマイニングに再生可能エネルギーを利用し、Moriaマイニングソフトウェアの機能を活用することにもあります。

さらに、Tetherはコミュニケーションと人工知能(AI)にも進出し、将来に向けた強靭でコミュニティ主導の製品を創り出すことを目指しています。