中国警察当局、デジタル人民元をテーマにした詐欺の増加に警告

中国の警察は、国のデジタル人民元(CBDC)の導入が進む中、デジタル人民元をテーマにした詐欺が増加していると警告しています。

国営の報道機関CCTV(via Xinhua)によると、山東省の警察官は、デジタル人民元をテーマにした「詐欺」が増加していると主張しました。

彼らは、最近の詐欺事件で「数万人」が巻き込まれたと述べました。

警察官は、「一部の犯罪容疑者」がe-CNYの普及に伴い「チャンスを見ている」と述べました。

警察は、多くの詐欺師が、公式サイトからダウンロードしたデジタル人民元のロゴを使用した本物のアプリを開発したと述べました。

彼らは、これらのアプリをダウンロードして、正規の金融企業だと思われる場所に資金を送信することで、簡単に「投資」収益を得ることができると市民をだましています。

これらの企業は、必ずしも公式の口座とは限らず、多くの口座が海外にあることが警察官によって警告されています。

そして、これにより、中国当局が被害者の資金を回収することが困難になると警察は付け加えました。

山東省の警察は、公式の中国人民銀行(PBoC)や主要な国営商業銀行が配布していないデジタル人民元をテーマにしたアプリには注意するよう市民に警告しています。

中国の警察:デジタル人民元をテーマにした詐欺が増えている

メディアは、被害者の一人である姓が「張」である人物が、「登録料金」を約40ドル支払うように説得されたと引用しています。

彼は、数千ドル相当のクレジットラインをすぐに受け取れると言われました。

そして、彼は「新しいメンバーを募集することで」これをさらに増やすことができると言われました。

彼は次のように述べました:

「私のクレジットラインは最終的に[約70万ドル]に達しました。しかし、クレジットラインを使用することはできませんでした。商品を購入することができず、現金を引き出すこともできませんでした。」

彼は次のように付け加えました:

「最後には、アプリを開けなくなってしまいました。私の友人たちも同じ状況でした。私は騙されたと感じ、そして警察に伝えました。」

警察は、Digital Credit(文字どおりの翻訳)という名前のアプリを特定したと述べました。

彼らは、そのアプリが「偽物」であると述べました。

そして、警察は、それが「海外の詐欺師によって違法に開発された」と述べました。

警察は、偽造されたPBoC文書と本物のデジタル人民元のロゴを使用して一般市民を混乱させていると説明しました。

先週、中国の慈善団体は、法人や個人からのデジタル人民元の寄付を受け入れ始めたと発表しました。