中国企業がデジタル元を使用して電気料金を支払う

中国のエネルギープロバイダーは、企業や個人が国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)で請求書を支払うことができるように、デジタル人民元の支払いオプションを追加しています。

ニュースメディアDizoによると、中国の蘇州市相城地区の排水および衛生会社は最近、デジタル人民元を使用して約8万3000ドルの電気料金を支払いました。

採用の取り組みは、中国国家電網公司(SGCC)によって主導されています。

SGCCは中国最大(世界第3位)の電力会社です。

SGCCの相城地区支社、地元の財務局、および市のビジネスサポートセンターは、「作業グループ」を設立し、企業ユーザーや地方政府機関がCBDCを使用して請求書を支払うのを支援すると述べています。

このグループは、エネルギーセクターでのe-CNYの応用シナリオを「引き続き推進する」と述べています。

そして、顧客がデジタル人民元を使用して電力料金を支払う方法を「引き続き拡大する」ことを望んでいます。

国有の公益事業プロバイダーは、企業や個人が伝統的な支払い方法とデジタル人民元の支払い方法の「違い」を理解するのを「積極的に」支援すると述べています。

さらに、CBDCの支払いプロセスを説明するための「詳細な」ワークショップ形式のセッションも開催すると追加しました。

中国企業がCBDCを使用して電力料金およびオリンピック会場を支払う

同じメディアはまた、蘇州楚剣合金材料公司という地元の金属会社が、デジタル人民元ウォレットを使用して約7万3000ドルの電気料金を支払ったと説明しています。

SGCCの地元事務所も、市内でデジタル人民元によるエネルギー支払いの「完全カバレッジ」を実施することを約束しました。

一方、Zhangjiakou Daily(Hebnews経由)によると、2022年冬季オリンピックの開催地である張家口市では、さまざまなデジタル人民元アプリケーションが展開されます。

この市のオリンピック関連施設は、レジャーセクターでの使用を目的として再利用されます。

これらの施設の多くは、訪問者が商品、施設利用料、その他のサービスをデジタル人民元で支払うことができるように改装されます。

スーパーマーケット、農産物市場、レストランを含む市内のさまざまなビジネスも、デジタル人民元の支払いを開始します。

また、市の年金制度、労働組合支部、住宅機関も、e-CNYの支払いを行えるITソリューションを導入します。

今週初め、中国の人事・社会保障省は、市民の社会保障カードに「デジタル人民元の支払い機能を追加する」プロジェクトを「探索し推進する」と発表しました。

国内では、公共交通機関でのネットワークや電力を必要としないCBDCの支払いも試験的に行われています。